7月5日に発表、8月1日に発売を開始したスバルBRZは、2012年2月の登場以来、初のビッグマイナーチェンジを受けています。

1

外観は、航空機のウィングチップ(翼端板)をモチーフにしたという新意匠のバンパーをはじめ、前後ライトにLEDを採用。ほかにも、フェンダーガーニッシュや17インチアルミホイール、リヤスポイラーもフローティング式の新デザインとすることでスポーティムードを高めています。

内装のクオリティアップも見どころ。インパネをはじめ、ニーパッドやメーターパネルバイザーにレザー調素材を採用し、細部にはレッドステッチが施されています。

また、ステアリングホイールの小径化やメーターパネルに4.2インチディスプレイを新たに採用することで、運転環境や各種情報の認知性を高めているほか、ヒーターコントロールパネルやドアスイッチパネルをカーボン調とすることにより、課題である質感向上とスポーティな雰囲気作りがされています。

新設定された最上級グレードの「GT」は2016年秋の発売予定で、GTにはブレンボ製の対向4ピストンブレーキやザックス製ダンパー、17インチアルミホイール(スーパーブラックハイラスター塗装)などを用意。

「GT」を設定する狙いは、ピュアハンドリングとフラットライドにあり、まさにグランドツーリング的な味付けになっていますから、スポーティであっても快適な乗り味は譲れないという層にオススメ。

さらに、この「GT」をベースとしたわずか100台限定の「Yellow Edition」も設定されていて、7月7日から先行予約されています。

(文/塚田勝弘 写真/森山良雄)

大幅改良でスポーツカー復権の象徴になれるか!? ─ スバル「BRZ」画像ギャラリー(http://clicccar.com/2016/08/07/390921/)