とうがんは薄味でもコクのある料理に合う食材/調理=重信初江 撮影=原ヒデトシ

写真拡大

夏の間に食したい野菜に「とうがん」がある。スープや酢の物にはよく使うが他にメニューはないものか? そんなときにご提案したいのが、とうがんとベーコンのガーリックソテー」。カロリーは1人分217kcalと抑えられており、ベーコンの旨味をふくませコクがあるのに軽い口あたり。おつまみや夜食にもおすすめだ。

【写真を見る】とうがんは「夏」を想像させる代表的な野菜である/撮影:貝塚 隆

【とうがんとベーコンのガーリックソテー】(1人分・217kcal、塩分2.1g、調理時間15分)

<材料・2人分>とうがん1/8個(約450g)、ベーコン3枚、にんにく1片、パセリ少々、合わせ調味料(酒大さじ1、塩小さじ1/2)オリーブ油、粗びき黒こしょう

<作り方>

(1)とうがんは色味を残して薄めに皮をむき、4〜5cm長さ、5mm幅の薄切りにする。ベーコンは2〜3cm幅に切る。にんにくは粗みじん切り、パセリはみじん切りにする。

(2)オリーブ油大さじ1とにんにくをフライパンに入れて弱火で熱し、香りが立ったらとうがんとベーコンを入れ、強めの中火で炒める。

(3)とうがんに少し透明感が出たら合わせ調味料を入れて、手早く汁けがなくなるまで炒める。器に盛り、パセリを散らし、こしょう少々をふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】