ペンタゴンが脳を活性化させるヘッドセットで戦闘力を向上させる!?

写真拡大

アメリカの国防総省の本庁舎であるペンタゴン。建物の形状が五角形のためそのように呼ばれ、ハリウッド映画などにも登場することもあり、知っている方も多いでしょう。そのペンタゴンがハイテク・ヘッドセットを開発し、テストを行っていると発表しました。

■ 人の脳を活性化させるヘッドセット

ペンタゴンは人間の活動を飛躍させるヘッドセット・プロジェクトを行いました。このヘッドセットは神経科学を取り入れたもので、身に付けることで脳を刺激してパフォーマンスを向上させます。実際にヘッドセットをつけてトレーニングを行った結果、パイロットとスナイパーの技術力が向上したと発表。ペンタゴンと最新のテクノロジーが出会うことで、人々の能力を向上させ、アメリカの力を維持すること目的に行われました。

■ スポーツの世界でも使われている!?

実はこのような脳を刺激するヘッドセットはスポーツの世界でも利用されていました。Halo Neuroscienceが開発した「Halo Sport」という名前で、ヘッドバンドの裏側に複数の突起物があり、脳を刺激します。それにより、脳の神経接続をより効果的にし、パフォーマンスが向上するという仕組みです。アメリカのスキー・スノーボード協会(USSA)の選手がHalo Sportを使用してトレーニングしたところ成績が上がったとHalo Neuroscienceは発表しています。また、リオオリンピックの出場選手の中にも使用している方がいます。一般発売はまだ行われていませんが、2016年秋から一般に発売され、値段は649ドル(日本円約65,556円)です。

■ 脳を刺激してパワーアップ

「人間の脳は10%しか使われていない」なんて言いますが、ペンタゴンのヘッドセットやHalo Sportのように、脳を刺激するデバイスが身近になれば、脳を100%使えるようになるかもしれません。

(image by Halo Neuroscience)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)