夏のビールが美味しくなる最新ビール事情3選

 ビール党にすればいつの季節もビールは美味しいが、特に最初の一杯が格別なのが夏の季節ではないだろうか。ナイターやスポーツ中継を見ながらのビールも良いが、気に入った音楽をかけて嗜む一杯もまた格別だ。そして実際、その時の音楽がビールの味を大きく左右しているという研究が報告されている。

■音楽でビールの味が良くなる

 ベルギーのブリュッセル自由大学とルーヴェン・カトリック大学の合同研究チームは先頃、視覚と聴覚の情報がビールの美味しさに及ぼす影響についての研究論文を発表している。確かにいい雰囲気の場所でいい感じの音楽が流れていればビールも美味しく感じられるだろう。

 結果はやはり想定通りのものになっている。実験に用いたビールは、ベルギーの町おこしイベント「The Brussels Beer Project」の企画で、UKロックバントの「Editors」とコラボレーションしてラベルなどをデザインしたボトルビールである。つまりミュージシャンとのコラボ企画のビールということだ。同ロックバントを知っていれば、そのラベルからすぐに音楽を連想できるだろうが、実験参加者の中にはこのバンドを知らない者もある程度はいたということだ。

夏のビールが美味しくなる最新ビール事情3選
Psychology Today」より

 231人の実験参加者は3グループに分けられ、それぞれ異なる条件下でこのビールをゆっくり飲んでもらった。その後、味などを細かく評価してもらったのだ。3つのコンディションは以下の通りだ。

1.静かな部屋で、ラベルをはがした状態のボトルビールを飲む。

2.静かな部屋で、ラベルが貼られたボトルビールを飲む。

3.「Editors」の曲がかかっている部屋でラベルが貼られたボトルビールを飲む。

 多くの予想の通り、やはり3の条件下で飲んだ参加者が最もビールに高い評価を与えたのだ。さらに、音楽を連想させるラベルを見てからビール飲んだ2の人々も、1よりは高い評価を下した。

「体験の中に加わった音楽の楽しさが、ビールの風味を楽しいものにしているのです」と、ブリュッセル自由大学のフェリペ・レイノソ・カルヴァーリョ博士はプレスリリースで述べている。やはり音楽を含めて、飲む環境でビールの美味しさは大きく変わってくるのだ。

 音楽が味覚に及ぼす影響についての研究はこれまでもいくつか行なわれている。2013年のオックスフォード大学の研究では、クラシック音楽を聴くことでワインの甘みが増して感じられることが報告されている。また味覚には直接関係ないものの、オーストラリア・クイーンズランド大学が昨年に発表した研究によれば、ヘビーメタルの曲が実は聴く者の心を落ち着かせる働きがあるという指摘や、2009年に英・ブルネル大学が発表した研究によれば、1980年代のディスコソングのようなハイエナジー系の曲は、ある意味でイメージ通りではあるが運動のヤル気を高め、疲れてはいても“ひと踏ん張り”させる力をもたらしてくれるという。

 いずれも音楽の力を感じさせてくれる研究だが、仕事あがりの待ち待った一杯を飲む際には、音楽など周囲の環境の“演出”に少し気を配ってみてもよさそうだ。

■ビールを飲むと“好色”になる!?

 お気に入りの音楽を聴きながらジョッキやグラスを傾ける至福のひと時、当然ながら酌が進んでくれば酔いも増してくる。英語には“ビールゴーグル(beer goggles)”という、説明なしではなんのことやらわからない言葉があるのだが、これはビール(酒)を飲めば飲むほど性的な抑制力が緩み、周囲の異性が魅力的に見えてしまうことの喩えである。つまり酔いが進み、ビールジョッキの底を透かして異性を見れば(あくまでも喩えだが)、細かいところは分からなくなってみんな魅力的に見えてしまうということのようだ。

 アメリカの老舗雑誌「The Atlantic」の記事では、酔うと人はどう変化するのか、科学的アプローチで明らかになったいくつかの傾向をまとめて紹介している。大雑把に言ってしまうと、人はホロ酔いになると衝動的になり、見栄っ張りになり、チャリティ精神が薄れ、社交性が増すということだ。

 意外なのは、酔っぱらうことでケチくさくなり、実用本位になってチャリティー精神が低くなるという点だろうか。2015年の研究で、20ユーロ(約2300円)を酒に酔っている人々とシラフの人々に与え、その後、募金を募る局面に直面させた。もともとタダで与えられた金銭にもかかわらず、酒を飲んでいた人々が募金をする可能性は極めて低かったということだ。まだまだ酒を飲みたいと思うからなのか、酔った状態では金銭的にケチになる傾向があるという。

夏のビールが美味しくなる最新ビール事情3選
The Atlantic」より

 こうした研究を見ると、酔っ払いはいけ好かない人物であるように思えてくるが、実はそうでもない。目に見える範囲にいる人々に対しては、まさに“ビールゴーグル”の効果が及ぶのか、好意的にふるまう“いい人”になるという。

 例えば見知らぬ人が近くでトートバッグなどを落とし、中に入っていた物品があたりに散乱した場合、シラフの人たちはあまり積極的に助けようとしないが、酔っている人物は積極的に拾い集める傾向があるということだ。

 シラフの時の人間は、群集の中では自分から率先して行動を起こさない心理である傍観者効果(bystander effect)が働きがちになるのだが、酒に酔った状態ではこの傍観者効果が緩和され、周囲をあまり気にすることなく人助けをするのだ。

 そして本丸の(!?)“ビールゴーグル”だが、やはりアルコールが入ると、ある意味で“好色”になる傾向はあるということだ。これは酒を飲んだ人物が周囲の異性を魅力的に感じるようになるからだが、これを科学的に説明すると、酒に酔うことでシンメントリー(左右相称)が認識しにくくなるからであるということだ。

 人間の顔を例にとれば左右対称であるシンメントリーは“美”の普遍的な要素であると考えられている。酒に酔うことで、まさに目にゴーグルを着けたように、このシンメントリーが判別できなくなるのだ。そのため、語弊を恐れずに言えば“美人”のハードルが大幅に低くなる。このようなこともあり、お互いに酒飲みのカップルは仲が続くというデータもあるという。もちろん飲み過ぎには注意が必要だが、今や死語になりつつある“飲みニケーション”の効能は一部では確かにあるようだ。

■ビールと“ケフィア”で優れた抗炎症効果

 近未来のビールにちょっとした動きがあるようだ。なんと“ケフィア”を加えた“ケフィアビール”が健康食品として近々登場するかもしれないのだ。

 ロシア・カフカース地方を起源とする、発酵した乳飲料であるケフィア(ケフィール)は、ラットを使った実験で血圧の上昇を抑えたり血液中のコレステロール水準を下げる効果が確認されていて健康食品として注目されているが、これをビールに加えることで、ビールが優れた健康飲料になるということだ。

夏のビールが美味しくなる最新ビール事情3選
ケフィアグレイン。「Wikipedia」より

 この“ケフィアビール”は醸造の段階でビールの原料である大麦麦芽に、酵母や真正細菌の結合体であるケフィアグレインを混入して作られる。こうしてできたケフィアビールを興味本位で賞味してみたいものだが、もちろん市販されていないのでどんな味なのかは不明だ。酒の密造にかかわることなのでナーバスな言い方にはなるが、原材料が揃っていれば比較的簡単に作ることができるようだ。

「Live Science」の記事によれば、ラットを使ってケフィアビールの効能を検証する実験が行なわれたということだ。後足に炎症を起している計48匹のラットを使った実験で、ケフィアビールを与えられたラットの48%が症状を改善させたという。一方、普通のビールを与えられたラットは28%の改善に留まったということだ。また胃潰瘍についても、ケフィアビールとケフィアは症状を改善する高い効果が認められたという。

夏のビールが美味しくなる最新ビール事情3選
Live Science」より

 さらにケフィアを手軽に摂取できる「ケフィラン」などのサプリメントを普通のビールに入れて飲んでも抗炎症効果があるということだ。この3月に発表された研究では、動物実験でケフィラン入りのビールを飲ませ続けた個体の胃潰瘍が消滅したということだ。

 こうして、ビールとケフィアという意外に思える組み合わせで、きわめて強力な抗炎症作用を生み出すことがラットの実験で指摘されることになった。これがそのまま人体にも同じ影響を及ぼすのかどうかが判明するのは今後の研究次第だが、近いうちにケフィアビールという優れた健康食品が誕生するかもしれない。問題は味のほうだとは思うが、ビールを飲んで健康になれるとすればビール党には歓迎すべき話題だ。

文/仲田しんじ

フリーライター。海外ニュースからゲーム情報、アダルトネタまで守備範囲は広い。つい放置しがちなツイッターは @nakata66shinji