英国が生んだ「魔法のラウンドアバウト」の秘密

写真拡大

信号もない。交通整備員もいない。それでもたくさんのクルマが、くるくると回りながら事故を起こすことなくそれぞれの進行方向に向かって進んでいく。英国南部の町・スウィンドンの人々はその場所を「魔法のラウンドアバウト」と呼ぶ。

「英国が生んだ「魔法のラウンドアバウト」の秘密」の写真・リンク付きの記事はこちら

クルマは回る。

わたしは英国出身ではない。クルマに乗る人々が回ることを拒む場所、アメリカの出身だ。どんなことがあっても絶対に回らない、とアメリカ人は言う。彼らは直進か前進しかしないのだ。しかし、海を越えた英国では、クルマはあらゆる方向に向かうために回っている。

ここはイギリス南部の町、スウィンドンだ。彼らはこの渦巻きを「魔法のラウンドアバウト」と呼ぶ。

ラウンドアバウトは、交通をスムーズに、かつ安全にする魔法だ。賢い先達たちは、十字路の交差点が危険であること、そして円を描くように運転することで事故が減ることを教えてくれた。学者たちは、ラウンドアバウトが交通事故を3/4にまで減らしてくれると言う。

この魔法のラウンドアバウトはまだまだ輝きを失っておらず、20世紀の楽観主義と、「すべてはもっと完璧なものになれる」という信念が生んだものだ[冒頭の動画では、このラウンドアバウトは60年間使われていると説明されている]。

それは同方向に進むクルマにも、複数の通り道を与えてくれる。それぞれが道を選べることで、衝突の危険は減少する。クルマは右に左に、自由に、安全に動くことができる。選択肢が多くなり、効率も上がる。

どうやってそんな魔法が実現するのか? 奇妙で複雑な儀式のように見えるのが、実際はシンプルだ。スウィンドルの人々は、5カ所のうちの1カ所からその魔法のラウンドアバウトに入る。彼らは前のクルマに道を譲り、道路上の白いマークに従うことで、目的の方向にクルマを進めることができる。

普通のラウンドアバウトを使うドライヴァーは、目的の方向に進むために円を1周しなければいけないこともあるが、魔法のラウンドアバウトを使うスウィンドンの人々はその円をより素早く抜けることができる。複雑なように見えるが、実際には、シンプルな円とシンプルなアイデアに基づいているのである。

RELATED