PCのほかAV機器やゲーム機にも最適

写真拡大

パソコン(PC)周辺機器などを扱うアイ・オー・データ機器(金沢市)は、31.5型のワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF321XDB」を2016年8月中旬に発売する。

上下左右178度と広視野角のADS液晶パネルを搭載。見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、どの角度から見ても映像が鮮明。また、画像拡大を行った際に生じる画像のぼやけを改善し、解像感を大幅にアップさせる「超解像技術」により、低解像度の画像もくっきりと美しく描き出す。10段階に設定でき、好みに合わせた調整が可能だ。

LEDバックライトを高速で点滅させずに輝度レベルを調整し、画面のちらつきを抑える「フリッカーレス設計」を施した。目の疲れの原因と言われるブルーライト(青色光)を低減させる「ブルーリダクション」機能など、長時間のPC作業も快適な目にやさしい機能を備える。

PCの電源に連動して自動的に電源をオフにする「自動電源オフ機能」、削減ワット数を確認しながら輝度を設定できるなどの省電力機能を搭載する。

インターフェイスにAV機器やゲーム機などとの接続に便利なHDMI端子×2系統、DisplayPort端子を装備し、様々な機器を接続可能だ。左右2.5ワット出力のステレオスピーカーを内蔵。HDMIケーブル、DisplayPortケーブルが付属する。

価格はオープン。