熱帯夜を乗り切る快眠術とグッズを解説(PH:アフロ)

写真拡大 (全3枚)

 7月は涼しい日々が続き、今年は冷夏かと思いきや一転して、8月に入ったら突然気温は上昇。自律神経を乱して夏バテしないためにも、せめて夜はしっかりと睡眠をとりたいところ。そこで、眠りのスペシャリストに暑さで寝苦しい夜、ぐっすりと眠るためのコツとオススメの快眠グッズを教えてもらった。

 深い眠りは体温を下げていくことで得られ、体温をスムーズに下げられるように空間(温度と湿度)と寝具の調整が必要だと、快眠セラピストで睡眠環境プランナーの三橋美穂さんは言う。

 空間の調節は、エアコンと扇風機の併用を推奨する。エアコンの設定温度を28〜29度で設定しても、風があると涼しく感じるので快適に眠れる。ドライでは電気代が高くなり、また、タイマーで消すと温度変化で睡眠が分断されてしまうため、高めの温度設定で朝までつけている方が経済的な上に快眠も保てる。

「体温は寝始めが高く、深い眠りに入るとぐっと下がりますから、エアコンの二段階設定をおすすめします。就寝の1時間ほど前から25度程度で部屋を冷やしておいて、就寝時に28度前後に上げると1時間くらいかけて室温が上がっていくので、体温が下がった頃に室温は上がり、冷えを防ぎます。熱帯夜の日は一晩つけておくと、朝まで快適に眠れます。睡眠中の熱中症で運ばれる人は多いので、エアコンの我慢は禁物です」(三橋さん、以下「」内同)

 寝具は涼感タイプを使うといい。特に敷きパットが大切で、背中が敷き布団と密着していていると、じわじわと暑くなって目が覚めてしまう。背中のムレを防ぐためには、熱を逃がせる通気性のいいタイプを推奨する。ただし、ジェルマットと接触冷感生地を使った敷パッドは室温に影響されるため、冷房が苦手な人が使うものではないのでご注意を。

「背中の蒸れを防ぐ、もう一つの方法は、横向きに寝ること。抱き枕を抱いて寝るのもおすすめです」

 以下は、三橋さんがおすすめする「快眠グッズ」だ。

■小豆枕

「頭寒足熱」と言うが、頭冷やすと脳の温度が下がりやすくなって入眠しやすくなる。三橋さんがお勧めするのは、手製の「小豆枕」。

「頭を冷やすのに、小豆はおすすめです。小豆250gを100円ショップで買った小袋に入れたものですが、冷凍庫で冷やしておいて、寝るときに頭の下に置くと、ちょうどいい冷たさで気持ちがいいんです。小豆は水分を15%ほど含んでいるので、ほどよい冷たさが20〜30分は持続します。保冷剤ほど冷たすぎず、ベタベタもせず、小豆は最高です」

■涼感敷きパッド

「私は『salaf』という立体構造の高通気敷パッドを使っています。洋服の形状記憶繊維と同じ糸を使っていて、復元力とクッション性もあるので、涼しいし寝ていて快適なんです。涼感敷パッドを買うときには、ちゃんと見る目を持って選んでください。詰め物がポリエステルの綿のものは安く買えますが、綿が潰れて熱がこもって暑くなるので、避けてください」

■シーグラスマット

「身近にあるもので使えるのが、100円ショップでも買える『シーグラスマット』です。背中に当たるよう、骨盤上部から肩甲骨に少しかかるくらいの位置で、シーツの下に敷いてください。すると背中と布団の間にすき間ができて、熱が逃げてくれますよ」

■抱き枕

「抱き枕を使うと横向きで寝やすく、背中の熱を逃がしてくれます。抱き枕がなくても、使っていない敷きパットや肌掛け布団をくるくる丸めて縛れば、即席の抱き枕になります」

■アロマ

「ミント系のアロマは体感温度が下がるので、ラベンダーにミントを混ぜるといった使い方がおすすめです。レモンやローズマリーなどスッキリ系も、夏には涼しく感じる香りなのでいいですね」

 眠りを妨げるものも回避したい。過度なアルコールやタバコのニコチン、カフェインのほか、冷たい食事や飲み物も胃腸の働きを低下させ、眠りの質を下げることもある。スイカは利尿作用が高いので、夜は食べ過ぎないように注意を。

 心地よく眠るためのグッズを扱う『SONOBOM(ソーノボン)』と、寝具メーカーの東京西川が展開する『ネムリウム』。快眠ショップ2店にも、快眠グッズを厳選してもらった。『SONOBOM』山本恵一店長のおすすめは次の3つ。

■『湿気をシャットアウト! 調湿敷きマット』(シングル・1万44円/税込)

「暑くて汗をかくと寝苦しさを感じるので、湿気を取ると快適に眠れます。布団やベッドパットの下に敷くと、汗や余分な湿気を吸収して快適な湿度に調節してくれます。吸湿のサインを知らせてくれるインジケーター付きです」(山本さん、以下「」内同)

■『@aroma  COOL FEEL(クールフィール)』(10ml・1296円〜/税込)

「4種のアロマ、ペパーミント、スペアミント、ユーカリ、プチグレンがブレンドされたエッセンシャルオイルです。神経を落ち着かせ、ミントベースなので体感的な涼しさをもたらしてくれます。枕にちょっと垂らすだけでも体感温度が下がるので、寝苦しいときにおすすめです」

■『三河木綿 6重ガーゼケット』(1万1664円/税込)

「熟練職人が開発したガーゼケットで、細糸を六重に紡いで柔らかさと通気性を保っています。三河木綿は柔らかく肌触りがよくて、下着にも使われているほど。通気性に優れているので涼しく、保温性もあるのでクーラーで風邪を引くこともない快適な寝具です」

 続いては『ネムリウム』が厳選するおすすめ快眠グッズを紹介しよう。

■『&Free マットレスSA』(シングル9万円/税抜き)

「質の高い眠りを得るために最も大事な条件は、自然な寝姿勢の保持と体圧分散です。そのため、身体を支えるマットレスと枕が重要なのです。このマットレスはウレタンの凹凸構造が体圧を均等にして、一番重く負担がかかってしまう腰の痛みや横向き姿勢の肩のしびれも防いでくれます。体の一部に圧がかかると寝返りが増えますが、あまり寝返りが多いのは、実は脳も身体も休めていない状態です。できるだけ身体に負担がかからないように寝るということは快眠に繋がります」(営業担当者、以下「」内同)

■『&Free オーダーメイド枕』(2万5000円/税抜き)

「素材を選び、最適な高さを測定して、フィット感を調整してお作りします。枕はオーダーメイドで合うものを使っていただくことが非常に大事で、枕が合わないと首や肩だけでなく、全身の姿勢が悪くなり体に余計な力がかかってしまいます。自分にとって適切な枕を使うことでリラックスして眠れるので、ぜひ自分に合う枕を使っていただきたいです」

■『ルーム&リネンウォーター夜の香り』(1500円/税抜き)

「朝用と夜用の二種類があり、夜用はリラックスできる香りになっています。いい眠りのためには寝具だけでなく音や光、香りなど寝室の環境が非常に大事です。アロマと呼ばれる自然の植物から抽出した香りは、脳に直接的に働き、副交感神経を優位にするリラックス効果があります。中でもラベンダーやオレンジスイート、カモミールといった植物の香りは非常にリラックスしやすいといわれています。ルームスプレータイプは、手軽に寝具や家具に吹きつけて使えるのでおすすめです」