最近、電車でのトラブルが問題になっている。労働形態も大きく変化し、子供と一緒に職場に出勤する姿もよく見かけるようになった。また、高校や大学の通学のために電車を使う人も増え、子供から大人まで身近なものとなっている。しかしながら、多くの人々が同時に使用し、公共設備でもある電車では痴漢や喧嘩など様々なトラブルも発生している。そこで、日本法規情報は、電車トラブルに関する実態調査を行なった。

a0007_002592

■3人に1人が電車トラブルに巻き込まれたことがあると回答

調査の結果、電車トラブルに巻き込まれたことがあるかどうかについて「はい」と答えた人が27%、「いいえ」と答えた人が73%になった。実に3人に1人が電車トラブルに巻き込まれたことがあるということになる。日ごろから周囲の乗客や自分の行動に注意していても、やはりトラブルが少なからず発生しており、多くの人が身近に関わる可能性が高いということも同時にわかった。

電車トラブルに関する実態調査

■痴漢やストーキングが30%近くに達する

調査の結果、「痴漢・ストーキング等」と答えた人が26%、「酔っぱらった人に絡まれた」と答えた人が13%、「臭い、食べ物等の電車内マナー」「難癖をつけられた」「ぶつかった等の口論、喧嘩」と答えた人がそれぞれ10%、音漏れ、いびき等のトラブル」「子連れや家族連れに関するトラブル」がそれぞれ9%、「座席の使い方」と答えた人が7%、「その他」が6%となった。

「痴漢やストーキング等」「酔っぱらった人に絡まれた」など重大なトラブルにつながりかねない被害を受けた人も全体の約4割近くとなり、一番多いという結果となった。痴漢やストーキングに関してはストーカー規制法に違反する可能性があり、状況によっては、自分の被害を申し出ることで被害を最小限に抑えることもできる。また、酔っぱらった人に絡まれた時に暴力を受けて傷害を負った場合にも、すぐに被害を申し出ることで、その後の大きなトラブルへの発展を防ぐことができる。

電車トラブルに関する実態調査

■荷物や座席に関する注意が4割近くにのぼる

調査の結果、気を付けている事柄に関して「荷物の置き方」と答えた人が19%、「座席等の使い方」と答えた人が15%、「痴漢の冤罪対策」と答えた人が10%、「自分の子供等へしっかり気を配る」「不審にならないようにしている」「飲食等を控えている」と答えた人が9%、「音漏れ等に気を配る」と答えた人が8%、「迷惑行為をそれとなく注意する」と答えた人が3%、「特に気を付けていることはない」と答えた人が13%となった。

荷物や座席に関する気配りが一番多く、約4割となった。特に通勤ラッシュ等の混雑時はちょっとした荷物の置き方や座席のマナーでトラブルとなることも多いため、多くの人が気を使っていることが明らかとなった。また、男性の回答で多かったのが「痴漢の冤罪対策」。混雑時は手の位置によっては誤解を与えてしまい、場合によっては痴漢と勘違いされてしまうこともある。それに関連して「不審にならないようにしている」と答えた人も多いことが明らかとなっている。

電車トラブルに関する実態調査

今回の調査では電車でのトラブルが多く発生しており、トラブル防止の対策に気を使っている人が多いこともわかった。電車でのトラブルはその場で収まるケースも多いが、口論へと発展したり、殴り合いや器物破損等などの重大な問題につながることもある。また、痴漢やストーカーに関する被害も多く、痴漢やストーカーの被害に対する社会の目が厳しくなった現在でも、多くのトラブルが発生していることが明らかになった。

【調査概要】
調査期間:2016年6月2日〜2016年6月29日
回答者:1112人(男性517人、女性595人)

文/編集部