2016年8月4日、米華字メディア・多維網は記事「THAAD配備で韓流に打撃、中国は“器が小さすぎる”と韓国メディア」を掲載した。中国を席巻する韓流だが、意外な打撃を受けている。写真は韓流歌手のライブ会場。

写真拡大

2016年8月4日、米華字メディア・多維網は記事「THAAD配備で韓流に打撃、中国は“器が小さすぎる”と韓国メディア」を掲載した。

中国を席巻する韓流だが、意外な打撃を受けている。在韓米軍のTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)配備決定後、韓流芸能人のファンミーティング中止などが相次ぎ、韓流締め出しの動きが起こりつつある。

韓国紙ハンギョレは5日の社説で、さまざまな兆しから見て韓国の対中文化輸出にアクシデントが起きているのは事実だと指摘。ひそかに進められる中国の韓流排斥の動きはあまりにも“器が小さい”と批判した。

THAADは米中のパワーバランスを崩しかねない兵器だけに中国側の懸念も理解できるが、現時点では中国政府は韓流締め出しという報復行為について正式なアナウンスはしていない。正式な外交ルートから安全保障について議論し、経済など各分野の交流を促進するのが王道だと唱えている。(翻訳・編集/増田聡太郎)