メダル第1号はお家芸柔道!逆転の寝業師・近藤亜美さんが4年後東京での金へと一歩迫る、記念の銅メダル獲得の巻。
競泳!柔道!伝統芸!さすがです!

五輪というのは、多くの競技団体が参加していますので、基本的には日程も会場もバラバラという戦い。ただ、確実に「日本選手団」というグループは存在します。「日本選手団」として調子がよかったり、「日本選手団」として調子が悪かったりするような。

それは決して偶然の伝播ではありません。五輪を取り巻く期待や興奮が少なからず選手に影響を与えるように、「日本選手団」を取り巻く空気もまた選手に影響を与える。スタンドの空気、選手村の空気、食堂の空気、そしてメディアの空気。

誰かが勝ったとなればオーッとわき、誰かが思いがけない負けを喫すれば意気消沈する。そんな影響が紙一重の差で決まる勝負の、紙をちょっとめくるようなところがあるのです。みんなが盛り上がっていれば自然と自分も引っ張られ、盛り下がれば足を引っ張られるようなところが。

その空気を作り、あるいは打ち払うのは「初日」の選手次第。

これまで多くの大会において、「初日」勢は強力でした。特に近年の夏季五輪においては柔道というお家芸があった。軽量級には谷亮子・野村忠宏というレジェンドが君臨し、最低線としてのメダルを、理想形としての金を獲ってくれた。最初に作る見出しで「メダル」と書けるとき、まして「金」と書けるときのメディアがどれだけわきたつことか。そして、初日にソレを書き損じたときの、次なる候補へのジトーッとした目がどれだけ湿っぽくなることか。

今大会、出鼻は挫かれ気味でした。

開会式前に試合を行なったサッカーは4-5の負け。初日の競技では取り立てて好結果が出ずに進行し、目玉のひとつである体操は非常に低調なデキ。本来目指していた全体1位での予選通過は絶望的となる大過失の連続。内村航平さんも金メダルの可能性をもっていた鉄棒の種目別決勝進出を逃し、コチラも金確実と言える白井健三さんのゆかの種目別決勝もかなり危ない(※コレを書いている時点では決定前)。バレーボール女子は今後の展開を大きく左右する試合でコテンパンに負けました。

そんな空気をまず変えたのが最強競泳陣。エース萩野・瀬戸は高いレベルでの「競泳最初のメダル」に手をかける400メートル個人メドレー予選突破。瀬戸大也自己ベスト記録、池江璃花子100メートルバタフライ日本新記録、星奈津美100メートルバタフライ自己ベスト記録、清水咲子400メートル個人メドレー日本新記録。まだ予選だと言うのに、日本新やそれに迫る記録がバンバン出ています。そして、このあと行なわれる男子400メートル個人メドレーでは、金を期待できるはず。

それにつづくように水球男子も、世界トップクラスの強豪・ギリシャに対して、残り2分までリードするという大健闘。惜しくも逆転負けこそしますが、ラグビーの南アフリカ撃破に相当するような大大大金星にあと一歩まで迫りました。NHK総合で地上波全国中継される大事な試合で、この大健闘。水球が「吉川晃司がやってたスポーツ」を超えた歴史的瞬間だったと思います。

そして、最初のメダル。

記念のメダルをつかんだのは、柔道のニューヒロイン。伝統の48キロ級に登場した近藤亜美さん。2014年の世界選手権を制し、金メダル候補として挑んだ初の五輪で、しぶとい粘りの柔道を展開。2回戦は試合終了まで残り4秒というところから、起死回生の押さえ込みで勝利。さらに準々決勝では先に技ありを奪われ、試合中にコンタクトレンズが外れるというピンチに見舞われながら、試合終了まで残り数十秒というところから逆転の押さえ込み。2試合連続逆転満塁サヨナラホームランみたいな展開で勝ち上がりました。試合に臨む緊張感と、試合後のリラックスした笑顔のギャップ。ドラマティックな試合展開も含め、とても魅力的です。

↓いやー、危ない!「最後の最後で押さえ込む」ことの連続!


「逆転の近藤」だな!

メンタル強い!松本薫弐号機って感じ!

↓この20年くらいの女子48キロのメダリストで一番カワイイ!

ダントツでカワイイ!

他の候補をぶっちぎって圧倒的にカワイイ!

↓ちょっとしたお小遣いとかでお近づきになれそうな庶民的感覚もイイ!

お兄さん、それぐらいやったら買ってあげられるで!

そのくらいの夢なら、買ってあげられるで!!

YAWARA!〔完全版〕(4) [ 浦沢直樹 ]

価格:1,188円
(2016/8/7 05:07時点)
感想(1件)



近藤さんは、準決勝で敗れ金メダルの可能性こそ失いますが、先に金メダルの可能性を失った男子60キロ級代表の高藤直寿さんとともに、銅メダル決定戦へとまわります。「金以外どれでも負け」という日本柔道の精神にあっては、嬉しくないメダルかもしれませんが、ここで何かを獲るのと何も獲らないのでは、まったく違う。次にのぼるべき階段が「メダル」なのか「金メダル」なのか、その違いだけで、東京へと臨む4年間がまったく違うものになる。いらないメダルなんかではない。

↓ちなみに男子の高藤さんは、最近の柔道のルールにある「ブリッジで防御すると首が危ないから問答無用で負けね」という規定による負けでした!


その前に、相手を一回転させてブン投げてたのに、まわりすぎて腹ばいで落ちたから何のポイントにもならなかった!

本能的にブリッジで逃れたのは責められないけれど、負けは負け!仕方ない!

そして近藤さんは、4年後東京で金を目指すための最初の試合で、劇的な勝利。サンボの選手でもあるモンゴルのムンフバットを相手に、寝技VS寝技の死闘を演じます。両者ポイントナシで迎えた試合終了間際、タイムアップとほぼ同時に放った近藤さんの投げが相手を畳みに転がします。一旦は審判員がスルーした投げでしたが、判断が変わり「有効」に。「有効」と判断された時点で、時計の表示はゼロ。今大会4試合戦って3回目となる「サヨナラ勝ち」で、見事に銅メダルを獲得しました!

試合後のインタビューでは涙を流しながら、「ホッとした」「でも情けない」と相反する複雑な感情を漏らした近藤さん。この大会では「半端な気持ちでは勝てない」ということを知ったと語ります。それは銅メダル以外に得た貴重な収穫のはず。そして、帰国したあとに知る、「周囲の人がメダルを持って帰ったことでこれほど喜ぶのか」という経験も、メダルなしでは得られないもの。いいお土産になったのではないでしょうか。

↓おめでとう、大きな大きな銅メダル!


起きて待ってた甲斐がありました!

ありがとう、近藤さん!

おやすみなさい [ 新井洋行 ]

価格:1,296円
(2016/8/7 05:08時点)
感想(3件)



これがリオ五輪、日本選手団正真正銘のメダル第1号。たくさんの悪い流れで、いくつかの計算していたメダルをいきなり失う初日でしたが、さすが柔道。根っこが太い。近藤さんの直後に銅メダル決定戦を戦った高藤さんも、ポイントはないものの指導の差で優勢勝ちし揃い踏み。まずはしっかりと男女両方で「メダル」の結果を勝ち取ってくれました。狙っていたであろう「金」を取れなかったのは残念でしょうが、それはやはり世界一を超える強さがあって初めて届く場所。このあと競泳の先陣を切って最初の「金」に挑む、大エース萩野公介さんにそれは託しましょう。こういうときにやってくれるのがエースですから!

最悪の初日にならずに済んでまずはひと安心!ここから巻き返しです!