中国では海外ブランドの自動車が高い人気を誇っているのに対し、中国自主ブランド車の人気はいまいちといった状況だ。自動車を自らの立場や地位を示すツールと認識している中国の消費者たちは、「中国車ではメンツが立たない」と考えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では海外ブランドの自動車が高い人気を誇っているのに対し、中国自主ブランド車の人気はいまいちといった状況だ。自動車を自らの立場や地位を示すツールと認識している中国の消費者たちは、「中国車ではメンツが立たない」と考えている。

 一方、日本国内では日本の自動車メーカーの車のほうが圧倒的に売れている。日本では輸入車など外資メーカーのシェアは少ないのが現状で、中国の自動車市場とは真逆だと言える。中国メディアの捜狐はこのほど、「中国車はどうして国民に選ばれないのか」と題して、中国人消費者が中国車を選ばない理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず1つ目の理由として、中国人が「自動車を理性的に選ぶ能力がない」ことにあると主張。中国人が自動車を購入するにあたって重視するのは、性能やニーズではなく、見た目の良さや他人の推薦など、「非理性的」な要素だと指摘。実用的ではないにもかかわらず、大きなSUV車を購入し、結果として道路の渋滞を招くなど迷惑になることもしばしばだとした。この点、軽自動車が人気の日本は「理性的な消費」が行われていると称賛した。

 中国車が選ばれない2つ目の理由は、「ユーザーの目線に立った商品改善を怠るメーカーの慢心」だと主張。最近のSUV人気で中国の各メーカーはこぞって「パクリ」SUVを作っているものの、所詮はパクリであり、中国の消費者のニーズに応じた製品開発をしていないと論じた。

 記事は結論として、中国の自動車メーカーは消費者のニーズを理解したうえで研究開発を行うべきだと主張。一方で消費者も理性的になる必要があり、メンツや他人の視線などを気にせず、自らのニーズに応じた自動車選びを行う必要があると論じた。

 記事は、中国国内で中国車が売れない理由の1つに、消費者に「自動車を理性的に選ぶ能力がない」ことを挙げているが、これは間違った考え方ではないだろうか。中国車が海外メーカーの自動車より高性能でメンツが立ち、消費者にとって魅力的であれば、中国人消費者だって国産車を購入するはずだ。こうした点が理解できないようでは、中国車が台頭するにはまだまだ時間がかかるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)