この夏スグにでも試したい!カンタン「裏ワザ」4選

写真拡大

え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。

今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For Summer!」からピックアップ。チェックしてみてね。

01.
ポテチ袋が、
パーティー仕様に大変身!

やり方は簡単。画像で手順を確認しましょう。

”を開けたら、上を内側に巻き込んで整えます。

▲櫂謄舛猟譴魃ませて、中身を上に持ち上げます。

ちょうどいい高さまで持ち上げたら完成。

外でおやつにしようというときにはもってこい。ドヤ顔チャンス!

02.
放置してても盗まれにくい、
簡単手づくりサイフ!

ビーチで役立ちそうな裏ワザ。海外旅行で泥棒に狙われないための隠し場所としてもたびたび紹介されています。

使うのは、大きな日焼け止めの容器。サイズによっては、シャンプーとかでも応用できるかも?下の画像の様に一部カットするだけ。

要は、トップの部分に入り口をつくります。中が容器として使えますね。キャップもハメられる状態なので、これなら盗人たちの視界にも入らないはず。

だってホラ、この通り。

現金やスマホなど、貴重品に合わせて、容器のサイズを選んでみるといいかも。

ただし、犬がくわえて持っていっちゃう可能性だってありますから、100%なくならないという保証はないということを、くれぐれも注意しておきましょう。

03.
アリの侵入を防ぐには、
ポップコーンの種。

たとえば、自宅の庭でBBQしてる時。チェアーに座ってのんびりしていたら、アリが足元からトコトコトコ。突然噛まれてイテテテテーってな時、あるかも。

とくに、デッキなどにアリが登ってきて困っているなら、ポップコーンの種を用意しましょう。フードプロセッサーで粉末にして、彼らの通り道、もしくは巣の近くにドサッと置いておくといいそうです。

食べ物を見つけたら巣に持ち帰る習性があると言われているので、先に食料を確保させて、それより先まで冒険させないようにするってことみたい。

04.
ハンバーガーは、
上下逆にして食すべし。

ハンバーガーといえば、ギュッと掴んでガブっとかぶりついてこそ!ところで、なんでまた裏っ返しに?答えはズバリ、この方が食べやすくなるから。どうやら、このバンズが描いているカーブが食べにくさの原因になるらしいのです。

一節によると、人間が物を食べる時は、上顎に食べ物を当てて位置を固定し、下顎を動かして物を噛みます。ところが、ハンバーガーはほぼ全部と言っていいほど上に載せてるバンズが丸くて分厚くてタフ。そのため、食べるときに不安定になってしまうというわけ。ちょっとトライしてみたくなりませんか?

Licensed material used with permission by Grant Thompson - "The King of Random"