食卓をもっとカワイク。実用性もバッチリな「おにぎり型の小皿」

写真拡大

大人も子どもも大好きな、おにぎり。お昼ごはんはもちろん、季節の行事でも欠かせない存在ですよね。そんなおにぎりが、小皿になりました。

なんとこの小皿、お醤油を注ぐと美味しそうなおにぎりのかたちがうかびあがるのです。

遊び心を感じるデザイン

「おにぎり」は、陶磁器・肥前吉田焼の磁器ブランド「224」のアイテム。お茶所として、また日本でも有数の温泉地としても有名な佐賀県嬉野市で作られています。

佐賀の焼き物といえば、有田焼が有名ですが、実は肥前吉田焼も400年の歴史を誇る陶磁器。長年、有田焼の下請けとして吉田の名前はあまり表に出ることなく、その技術を影で磨いてきました。

そのため、肥前吉田には有田の絵付けのような独自の”様式” がありません。様式がないからこそ、新しいものづくりに積極的に取り組めるとのこと。

職人のていねいな仕事

型からでた「おにぎり」の生地は水拭きによりかたちを整え天日干しをした後、1個ずつ釉薬につけてからじっくり焼きあげて完成。

おにぎりのお皿は、本物のおにぎりのように、職人さんの手によって、ひとつずつていねいに作られていました。

シンプルな中にユーモアを感じられるデザインのうつわは、食事の時間を楽しく彩ってくれそうですね。

size 11.6 × 9.5 H 1.5 cm

〔磁器の特性〕
磁器の特性上、若干のゆがみや黒い粒状の点が出る事がありますがあらかじめそれぞれの商品の特性としてお楽しみ下さい。
本製品は磁器製のため強い衝撃によって破損する恐れがありますので取り扱いにはご注意下さい。

〔取扱上の注意〕
不安定な場所でのご使用は事故や破損の原因になりますのでおやめ下さい。
直火、オーブン、グリルなどでは使用しないで下さい。

ことりっぷの最新記事