ツナ缶の「油をギューッ」が、これ1本でらくらく!

写真拡大

ツナ缶を調理するとき、地味〜にストレスになるのは「開けにくい」「油きり」「缶の底に中身が残る」などのイライラポイント。でもこれらを解消する機能が1本にまとまったツールがあれば一挙解決できるかも!?

【写真を見る】缶詰全般に使ってOK

「ダイヤ ツナトモ」の特徴は穴だらけのしゃもじのようなスプーンのような形。この形のおかげで次のようなことができるというから驚きだ。

・手を汚さずに、メッシュ形状のスプーンで楽に油がきれる。

・グリップのコーナー部分で、ツナ缶をラッピングしているフィルムをカットできる。

・ヘラのグリップをテコ状に使い、プルタブ式のツナ缶を簡単に開けられる。

・缶の底まできれいに中身をすくえる形状。

なんと便利! 特に爪が弱かったりネイルアートをしている人にはかなりのストレス減になりそうだ。もちろんツナ缶だけでなく、コーンや豆、フルーツなどの缶詰や瓶詰めの中身をすくうときなどにもお役立ち。ただでさえ手軽なツナ缶が、このツールがいっしょならもっと便利な存在になりそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】