リフトアップには、指だけでなく腕もしっかり動かして

写真拡大

一般的に、夏は頭皮の皮脂量が他の季節に比べて約2倍以上といわれている。もし毎日のシャンプーで頭皮の脂が落とし切れていな場合、ニオイや抜け毛だけでなく、顔をたるませる原因になる可能性もあるそう。そこで頭からぐいっとフェイスラインを持ち上げるための頭皮ケアのコツを、化粧品会社の「ドクターシーラボ」に教わった。

【写真を見る】全身に使える美容オイルは、頭皮の保湿にも◎。ドクターシーラボ リペアオイル50ml 2200円

まずはシャンプー。シャンプー時に頭皮を洗う際には、指先だけでなく「手首を中心に」動かすことがポイント。手首からひじまでを意識しつつ、でも力は入れずにやさしく動かすと、普段のシャンプー方法では落としきれない皮脂が格段に落ちやすくなるのだとか。

そしてシャンプー後は、頭皮への栄養補給をすることも大事。シャンプー後のタオルドライした清潔な頭皮に、育毛ローションなどを塗布したら、頭皮全体を揉みほぐすように手首を使い、円を描くようにマッサージを。マッサージが終わったら、頭皮の乾燥を防ぐためにオイルなどで保湿するとさらに◎。やり方は簡単でオイルを数滴手の平にとり、地肌になじませるだけでOK。

最近顔のたるみが気になってきたと思うなら「皮脂をしっかり落としてから頭皮マッサージ&保湿する」という頭皮ケアを、今すぐ実行してみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】