Doctors Me(ドクターズミー)- 将来医療業界で働きたいなら覚えておきたい。「医療従事者」と「コ・メディカル」の違いを教えて!

写真拡大

医療の世界では当たり前のように使われる「コ・メディカル」ですが、このコラムで初めて目にした、という方がほとんどではないでしょうか。
「医療従事者」とよく比較される「コ・メディカル」とはどのようなことなのか、医師に解説していただきました。

医療従事者、コ・メディカルのそれぞれの定義を教えてください。

医療従事者


医療業務を行う職業に就くもの全般を指し、専門的な知識と技術をもって、病気の方の治療や手助けを行う職種に就くものです。

コ・メディカル


実は和製英語で、英語圏ではそのような呼称はありません。
通常は、医師・歯科医師を除く、医療従事者の総称として使われる言葉であり、看護師や病院に勤務する薬剤師なども含まれる概念です。

医療従事者、コ・メディカルに含まれる職業を教えてください。

医療従事者、コ・メディカルが含まれる職業


・看護師
・薬剤師
・助産師
・保健師
・栄養士
・臨床検査技師
・診療放射線技師
・臨床工学技士
・作業療法士
・歯科助手
・あんまマッサージ指圧師
・柔道整復師
・救急救命士
・言語聴覚士

上記のように、多岐にわたる職業が医療従事者、コ・メディカルに含まれております。

概念として、医療従事者に含まれて、コ・メディカルには含まれない職業は「医師」と「歯科医師」となります。

国家資格とそうでないもので、どのような違いがありますか。

医療従事者、コ・メディカルに含まれる職業には、看護師、薬剤師、助産師、保健師、栄養士、臨床検査技師などのように国家資格を要するものが非常に多いのですが、カイロプラクターなどのようにまだ国家資格となっていないものもあります。
職業とするには、もちろん例外はありますが、一般的に言って国家資格として確立しているもののほうが雇用や、待遇が安定しているということは言えるかと思います。

しかし、国家資格の整備も少しずつ進んできていますが、医療を行う上で欠かせない分野に適切な資格がなく、高度な技術や知識を持った方がそれを証明する国家資格を持たずに仕事をしている、ということも医療の分野の問題の1つですね。

医師からのアドバイス

「医療従事者」と「コ・メディカル」の違いは、前者は医師や歯科医師を含む概念であるのに対し、後者はこの二つの職業を除いた概念であるという点です。

ただ、実際の医療現場では一つの職種のみでは、多くの場合職務を遂行することは非常に困難であり、協力し合って医療チームとして医療をおこなうことが必要であります。
海外では医師・歯科医師であるかどうかなどを問わず「メディカルスタッフ」と総称することが増えてきているようです。

いろいろな専門知識や技能を持ったかたが、分け隔てなく率直に意見を述べたり、議論を戦わせたうえで、いろいろな視点を持つチームで最も良い選択肢を選ぶような医療現場を目指したいですね。

(監修:Doctors Me 医師)