2年振りの開催となったドイツGP。ホッケンハイムリンクは、F1を心待ちにしていたファンの方達で大盛り上がりでしたよね。

ポディウムでレッドブルのダニエル・リカルド選手がレーシングシューズにシャンパンを入れて飲んだシーンが頭から離れない方、多いのではないでしょうか(^^

1

F1はこれから夏休みに入ります。約1カ月F1を観れないと思うと寂しいですが、この寂しさを乗り越えるお供にぴったりなのが、8月4日(木)に発売された「F1速報ドイツGP号」です!!

■FOCUS 明暗分けた7月

4戦4勝。5週間で4レースという長い7月は、メルセデスのルイス・ハミルトン選手にとってこれ以上にない最高の内容でした。しかしチームメイトのニコ・ロズベルグ選手は、24点あったリードが消滅したばかりか、19点のビハインドという立場に追いやられることに……。

母国GPでポールポジションを獲得したロズベルグ選手ですが、スタートミスで2番手のハミルトン選手に逆転されてしまいました。スタートについて、二人は以下のように語っています。

「いつも一緒に取り組んでいるスタッフがいるんだ。僕らはいくつものアップダウンを乗り越えてきたが、それは僕の責任でも、彼の責任でもない。クラッチの新しいレギュレーションのせいであるし、クラッチが繊細すぎるせいでもある。今日は、というよりこの2レースでは、手順はドンピシャで、今月は間違いなく最高だったよ!」(ルイス・ハミルトン)

「クラッチが滑って、ひどいスタートだった。フォーメインションラップ後の感触は良かっただけに、まったく予想外のことだった。」(ニコ・ロズベルグ)

ロズベルグ選手は「こういう日が続いても動揺しないという十分な自信がある」と話してはいますが、今年のタイトルはすでにあきらめたようにも見受けられるそうです。

「最近のグランプリではルイスはあまり強引じゃないように思えるけど、実際は強引だよ。見た目と実際とは大きな差があって、いつも彼に対するバトルに発展するんだ。」(ニコ・ロズベルグ)

■2016前半戦終了ワイド真夏の火種

なんともシュールな絵でスタートするこちらのページ(笑)。

史上最多21戦で行われる2016年シーズンも12戦を消化し、折り返し地点を過ぎました。あちこちに抱えている火種は果たして爆発するのか、それともくすぶったままなのか。F1パドックに転がっている導火線をそれぞれ見ていきましょう。

この時期になると毎年話題になるのが、ドライバーの移籍問題。私が何と言っても気になるのが、大好きなマクラーレンのジェンソン・バトン選手の来シーズンの行方です。本誌には、

ウィリアムズがジェンソン・バトンと2年契約を締結する間近と見られており、フェリペ・マッサのF1人生の前途が危険にさらされている。

ふたりのベテランドライバーが2017年のバルテリ・ボッタスの隣のシートを競り合っているのは、マクラーレンが来季のフェルナンド・アロンソのチームメイトとして、ストフェル・バンドーンを起用すると考えられているからである。

ウィリアムズの決断は、マッサのここ3年間のチームへの貢献を反映したものではない。チーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズも「フェリペの速さや献身ぶり、彼の豊富な経験は、チームが成長するうえで重要な要素のひとつだ」と説明しているとように、原因は経済的な部分にある。

バトンが乗れば、ウィリアムズはマルティーニとレクソナからより多くの資金を集められると予測されるからだ。元世界チャンピオンがチームにいれば、スポンサーシップ契約の価値を高められ、さらにバトンの市場価値を鑑みれば、他のスポンサーに対してもより魅力的になるとチームは考えている。

と書かれていますが、一体どうなるのでしょうか。

個人的には来シーズンもマクラーレンで走ってほしいな、なんて思ったり。まだ決定していない他のチームのドライバーラインナップも気になるところです。

F1マニアがF1マニアのために作成した「カルトクイズ」の挑戦状が私の元に届きました! F1女子として、良い点を採らねば!と頑張ってみたものの、散々な結果に(涙)。これはかなり難しい! クイズを少しだけ紹介しちゃいます。

Q2.ジェンソン・バトンのカーナンバー、「22」の由来を答えなさい。

Q8.下記は2016年のF1マシンのシャシー名です。( )内に正しい数字を入れなさい。

W( ) FW( ) STR( ) C( ) RB( ) VJM( )

Q13.1953年ドイツGPを現地で観戦した日本の有名人は誰?

)榲捗^賚此´∨田章一郎 FL攘骸 ´で鮟Ъ]此´ズ上天皇

Q21.以下のなかで違うグループに属する人物がひとりいます。誰?

.縫・ラウダ △悒襯燹璽函Ε泪襯魁´トト・ウォルフ ぅ縫魁Ε蹈坤戰襯亜.殴襯魯襯函Ε戰襯ー

いかがですか? もちろん、バトン選手のカーナンバーの由来は答えられましたよ! 気になる答えは本誌をチェック。

ぜひググらずに(笑)、解いてみてくださいね。百点満点だった方は、F1速報編集部にご一報を!!

4号連続特別付録ペーパークラフト第4弾は、人気絶大の現役フェラーリコンビ、キミ・ライコネン選手とセバスチャン・ベッテル選手の登場です。

4号分、計8個のヘルメットを父と作成しましたが(半分以上父が作成したかも!?)、懐かしのヘルメット達が作成できてとても楽しかったです。F1の夏休み期間中に、作成してみてはいかがでしょうか?

さて、次回は8月28日(日)に第13戦ベルギーGPが開催されます。スパ・フランコルシャン名物のオー・ルージュを、F1マシン達が駆け上がっていく姿を見るのが楽しみですね!

(yuri)

何問解ける!? F1難問奇問カルトクイズに挑戦してみよう!【F1速報×F1女子〜ドイツGP号〜】(http://clicccar.com/2016/08/06/390258/)