ディズニーでの5つの暑さ対策!夏も楽しむために

写真拡大

ディズニーリゾート!毎年多くの方が、友人や家族と訪れる大人気のスポットです。いつもより混み合う夏のこの時期。週末だけでなくお盆休みなどを利用される方は、ある程度の混雑は覚悟の上で行かれるかもしれません。日によっては、2時間待ち、3時間待ち…というアトラクションもあります。それでも夏のディズニーリゾートでの思い出作りは、真夏の炎天下に負けず計画通りに実行したいところ。大勢の来場者の中で人ごみに揉まれながらも、できるだけ負担を減らし「東京ディズニーランド」の夏を楽しむ方法をご紹介します。

■ 行く日が決まったら、事前にチケット購入もおすすめ!

夏の人気のスポットへのお出かけには、高速道路、一般道路、公共の乗り物も混雑します。やっとの思いで到着したのに、チケット購入にも長蛇の列…夏のディズニーランドも当然その一つです。夏の炎天下の日差しの下で、園内に入る前から長い時間並ぶのは「ちょっといや…」という方におすすめです。まず、エントランスでチケット購入のために並ぶ時間を減らして、暑さ対策を始めましょう。

◎ 事前のチケット購入の方法は?

・オンラインチケット…ディズニーeチケットなど、専用サイトからチケットを購入する方法があります。
・ディズニーストア…お住まいの地域の「ディズニーストア」や旅行代理店などで、購入できる事前のチケットがあります。
・前売り券…「日付指定券」はあらかじめ利用日を指定して購入できるチケットです。「オープン券」は好きな日(有効期間は発行日から1年)に利用できるチケットです。

…などの方法があります。これらの方法でチケットを購入すれば、炎天下でチケット購入のために並ぶことを避けられます。チケット購入のための待ち時間を節約し、リゾート内のスポットやアトラクションに向かうことがスムーズになります。

※ 夏休みや祝日でも、入場制限がかかる場合がございます。その際には「日付指定無しチケット」での入場ができない場合もあります。

■ 最初に行きたいところは事前に考えておく

とにかく広いディズニーリゾート。「ディズニーランド」だけでも、シーズンごとのイベントがたくさんありますから、人によって目的は様々です。「新しいメニューのレストラン」や「ゆっくりできる穴場スポット」、「絶対乗りたいアトラクション」、「ティータイムでくつろぎたいスポット」など、どこに行きたいのか優先順位をつけておきましょう。広い園内で、エリアを跨いで移動ばかりして歩いてしまうと、それだけで体力を消耗してしまいます。暑さや炎天下での無駄な移動を控えて、楽しく移動ができるように計画しましょう。

■ インターネットで事前に情報を集める

到着までに、ショースケジュール、アトラクションの予想される待ち時間、メンテナンスなどで利用できないアトラクションなど、インターネットを利用して調べることもできます。真夏のディズニーリゾートで効率の良いプランを楽しむには、「事前の情報収集」がおすすめです。到着後入園してからも、時間や状況は変更されることがあるので、こまめにチェックしてみましょう。

■ お土産や荷物は最小限に!ロッカールームの有効利用

「夏の限定グッズ」と聞くと、たくさん購入してしまうかもしれませんが、買ったあとで暑さの中「重い荷物や大きなグッズ」を持って歩くのは避けたいところです。そんな時におすすめは、各所に設置されているロッカールームです。園内のロッカーは、大型(L)、中型(M)、小型(S)があります。舞浜駅や入園前のエリアでは特大サイズ等のロッカーもあります。一緒に行っている人たちと合わせて、必要な物以外はロッカーに預けておくのが夏のディズニーを楽しむには便利です。

■ 休憩スポット&クールスポットは必ず事前チェック!

気温だけではなく、水分を取りながら熱中症に注意するのは、夏のディズニーリゾートを満喫するのに重要です。カフェやレストランなどの休憩にも使えるスポットだけでなく、熱中症予防にもクールスポット覚えておくのは"グッド・アイデア"。クールスポット(広範囲にミストが噴出し続けている場所)は園内にいくつも設置されていますから、身体を整えながら楽しみましょう。

ディズニーランドの主なクールスポットは、「アドベンチャーランドの門」「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール前」、「トゥーンタウンの花火工場付近」に設置されています。アトラクションの待ち時間や移動ルートを上手に使い、クールスポットを通って「ひんやり体験」もおすすめです。

■ 真夏のディズニーリゾート満喫には、準備が一番!

夏の暑い時期や混雑する時期にディズニーリゾートを楽しむためには、事前の準備が大切です。「備えあれば憂いなし」とは、まさにこのこと。チケット購入やクールスポット、冷たいデザートなどを調べておけば、より快適にディズニーランドを楽しめます。今年の夏の計画に「真夏のディズニーランド満喫計画」を含めてみませんか。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・matsudakumo 編集:nanapi編集部)