キレイに直結!”美人をつくる”食事の基本とは?/写真提供:カロナビ

写真拡大

【美容/モデルプレス】美容や健康のために食事で気をつけていることはありますか?スーパーフードを摂りいれたり、クレンズジュースを飲んでみたり、この記事を読んでくださっている皆さんなら、自分なりに努力をされている方が多いかもしれませんね。でも、その努力は本当にアナタのキレイにつながっているのでしょうか?本日は皆さんの努力が無駄にならないように、「美人をつくる食事の”基本”」をご紹介します。

【さらに写真を見る】キレイに直結!”美人をつくる”食事の基本とは?

1.”自分にとってベストな食事”がキレイをつくる


アナタは自分がどんな食事をした時にコンディションが良いのか、悪いのかを考えたことがありますか?もし考えたことが無いのであれば、スーパーフードなどの話題の食材を試す前に、まずは”自分にとってベストな食事”を知ることが大切です。

私の場合は外食が続くと肌のコンディションが悪くなりますし、野菜不足など栄養素の偏った食事をしているとカラダの不調につながることが多いです。

逆に、自炊で栄養バランスの整った和食中心の食事をしている時は、お肌もカラダも良好な状態を保つことができます。

本当はいつも完璧な食事をすることが理想ですが、なかなか難しいですよね。ですから、自分にとってベストな食事を頭に入れておき、お肌やカラダの調子に応じて食事内容を調整していきましょう。

2.カラダに合わない食事は美を損なう


”自分にとってベストな食事”が分ったら、カラダの不調につながる食品はできるだけ食べない努力をしてみましょう。

不調の原因になりやすい食事の代表例として、外食、お惣菜、スナック菓子、市販の甘いお菓子などが挙げられます。これらに含まれる添加物、人工甘味料、酸化した油などは美容や健康に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

もしお肌の調子が悪い、疲れが取れないなどカラダの不調を感じたときは、カラダに悪いものを摂りすぎていないか、食事内容をチェックする癖をつけることが大切です。

これで、常にベストなコンディションを保てるようになりますよ。

3.話題の食材は食べない方が良い!?正しい付き合い方とは


スーパーフードなど話題の食材を摂りいれることは決して悪いことではありません。大切なのは、まずは食生活を正すことが第一優先だということです。

また、摂りいれる前に含まれる栄養素など、食材の情報をしっかりリサーチし、自分に合うと思ったものを楽しみながら摂りいれることも重要です。

添加物たっぷりのお菓子を食べるより、スーパーフードなどカラダに良いと言われている食材を食べる方が絶対に良いですし、何より食を楽しむことは心も豊かにしてくれます。

ですが、健康に良いからと値段の高い食材を無理して食べる必要はありません。食事によってストレスを感じることの方がよっぽどカラダには良くないからです。

また、流行りの食材は海外発祥のものが多く、日本人のカラダに本当に合っているのか実証されていないものも多いのが事実です。

ですから、いくら海外で話題の食材でも、日本人の私たちをキレイで健康なカラダに導いてくれるとは限らないことを頭に入れ、身近にある和の食材にも目を向けることが大切です。

4.キレイになりたければ和食好きに!旬の食材はとっても優秀


結局のところ、”和食”中心で栄養バランスを考えた食生活が日本人女性には一番合っていると感じます。

なぜなら私たち日本人のカラダには、長年食べ続けてきた和食に対して、しっかり消化して無駄なく栄養素を吸収できる機能がインプットされているからです。

それに、地元で取れた旬の新鮮な食材はお手頃な価格で栄養満点ですから、こんなに身近にあるスーパーフードを利用しない手はありません。

例えば、夏が旬のオクラやモロヘイヤなどのネバネバ野菜には、老化予防や免疫力アップが期待できるβカロテン、水溶性食物繊維などが豊富に含まれています。

また、土用の丑の日に食べる鰻は、美肌効果が期待できるビタミンEやビタミンA、疲労回復効果のあるビタミンB1、血液サラサラ効果のあるEPA・DHAなど多くの栄養素を含む優れものです。

皆さんが思っている以上に、身近にある和の食材はキレイをつくってくれる優秀なものばかりです。

今日からは、健康や美容のためにあれこれ何でも試すのではなく、「美人をつくる食事の”基本”」をマスターして、美しい女性を目指してくださいね。(modelpress編集部)

◆佐藤 麻祐子氏プロフィール


ヘルスケアアプリ「カロナビ」専属管理栄養士。「栄養バランスの取れた食事で、楽しく健康的な生活を送っていただくこと」をモットーに栄養指導やダイエットサポートを担当。

1987年12月生まれ。東京都出身。大学にて栄養科に所属し、卒業時に管理栄養士の資格を取得。食品メーカーに4年間勤めたのち、ヘルスケアアプリ「カロナビ」を通じて正しい食事を伝えるべく、栄養指導、コラム執筆など幅広く活動中。

自身も生活習慣の改善を行い10kg近い減量に成功した経験あり。若い女性目線の無理のない健康的なダイエット指導が得意。

情報提供:カロナビ