男子は「女子のサンダル」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「女性のサンダル」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「ここサンダルじゃないでしょ、っていうときにヒールつきのサンダルを履いてくる女性がわからない。この間、河原でバーベキューしたんだけど、サンダルを履いてきたから、案の定、途中で歩けなくなっちゃって。そういうとき、場をわきまえることができない子なんだろうな、って思っちゃう」

「階段を降りるときとか、カンカンカンカンってすごい音で鳴ってるときあるじゃん? それを気にしない女性とは、あまり一緒に歩きたくないな」

「忍者みたいなスポーツサンダルあるじゃん? あれださくない? しかも、靴下履いてる人もいるし。おしゃれぶってるかもしれないけど、俺からしたらあれは変」

TPOをわきまえてほしい

サンダルが悪いわけではないですが、TPOをちゃんとわきまえて履いてほしいと思っています。とくに靴が原因で誰かに迷惑をかけたり、場の空気を悪くするようなことがあると、彼女にはしたくないなと感じてしまいます。

階段の足音にガサツ感

男性は大きな音をたてて歩く女性にガサツな印象を抱きます。とくにカンカン鳴らしながら階段を降りる無遠慮な姿に「うわ〜」と引いてしまいます。自分のサンダルの足音が、まわりに不快に思われていないか気をつけましょう。

男子的にスポーツサンダルはNG

これは一部かもしれませんが、スポーツサンダルは男性から不人気です。おじさんのように見えてしまい、履いている姿をかわいいと思えません。

男子にとっては、「サンダルは品がない」というのがホンネです。女性のサンダルは注意しないと、大きながっかりポイントになります。気心知れた仲間ならいいですが、そこまで仲良くない男性に対しては、出かける際にサンダルでもいい日か見極めましょう。

image via Shutterstock