5日、人気ガールズユニットS.H.EのSelinaが、6年前に大やけどを負った爆発事故や、今年春に台湾中を驚かせた離婚について語った。写真はSelina。

写真拡大

2016年8月5日、人気ガールズユニットS.H.EのSelinaが、6年前に大やけどを負った爆発事故や、今年春に台湾中を驚かせた離婚について語った。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

S.H.EのSelinaは10年10月、上海の撮影スタジオで火薬爆発事故に遭い、一時は生命の危機も報じられるほどの大やけどを負った。そのちょうど1年後、事故以前から交際していた弁護士のリチャード・チャン(張承中)と結婚。Selinaの治療やリハビリを支え続けたチャンさんとは、運命共同体とも言える仲良し夫婦と思われていたが、今年3月に離婚を発表。あまりに突然のことで台湾中を驚かせた。

Selinaはこのほど、中国のトーク番組「説出我世界」に出演。「天国からいきなり地獄に突き落とされた」と、6年前の爆発事故について語った。事故直後は、体が動かせないため仰向けに寝たまま、天井を眺めて毎日泣いていたという。

「人生は本当に不思議なもの。1つの壁を乗り越えたら、次の壁が私を待っているなんて思いもよらなかった」と、衝撃的な離婚について語っている。しかし現在は前向きに考えているといい、「私を愛してくれる人に出会えたらうれしい」と、恋愛に積極的な姿勢も見せる。何度も皮膚移植を重ねて、顔や手足に痛々しい傷は残ってしまったが、Selinaは自分自身について「ドリアンのよう」とコメント。外見はごつごつしながら果肉はおいしいドリアンのように、中身は美しくて充実していることを語っている。(翻訳・編集/Mathilda)