美しい海に南国、サファリも!暑い夏こそ観たいディズニー作品まとめ

写真拡大

夏は暑いし、涼しい映画館や家で映画鑑賞でもしようかな?そう考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなときにオススメしたいディズニー作品をまとめました。

公開されたばかりの最新作から、来年公開される映画情報までピックアップしていますので、ぜひチェックしてみてください。海や南国、サファリなどが舞台になっているので夏に観るのにぴったりです! 

(トップ画像:eri23mm さんのインスタグラム より)

◆リトル・マーメイド(1989年)

 

Arielさん(@ariel_love_)が投稿した写真 -

海の中の人魚の世界を舞台にしたお話。人魚のプリンセスであるアリエルは、人間の世界に興味を持ち、憧れを持っています。そんなとき、出会ったエリック王子に恋をし、人間の女の子になることを望み、様々な困難に立ち向かうというストーリー。

アリエルの友人であるフランダー、セバスチャンとの掛け合いに注目してみてください。また、海を自由に泳いでいる人魚達がとても美しいです。

◆アラジン(1992年)

貧しくも清らかな心を持った青年アラジンと、アグラバーのプリンセスであるジャスミンが出会い、恋をするストーリー。

アラジンとジャスミンが空飛ぶじゅうたんで飛行する姿は、暑い砂漠の国なのを忘れてしまうほど爽快です。そのシーンで2人が歌う「ホール・ニュー・ワールド」は、のちにアカデミー歌曲賞を受賞しました。

◆ライオンキング(1994年)

主人公・シンバの父は、王として尊敬を集めていますが、ある日弟スカーに殺されてしまいます。父親を亡くしたシンバは国からも追放されてしまいますが、たくましく成長し、スカーに立ち向かいます。

見どころはやはり、遊んでいたばかりだったシンバが王になろうと決意するシーン。暑い地域であるサファリの世界を描いているディズニー作品は、ライオンキングシリーズだけです。

◆リロ・アンド・スティッチ(2002年)

ハワイのカウアイ島に住むリロという女の子は、両親を亡くしたためにお姉さんのナニと二人暮し。友達がいないリロのためにナニの提案で犬を飼うことになりますが、リロが選んだのはスティッチというエイリアンの試作品626号でした。リロとスティッチが友達・家族になっていくストーリーです。

いたずらが大好きなスティッチがリロから色々なことを学び、2人の間に友情が芽生えます。BGMなどはハワイアンな雰囲気で、気分が明るくなります。

◆ファインディング・ニモ(2003年)

 

peaceさん(@takapeace79)が投稿した写真 -

片方のヒレが小さいため、大切に育てられたニモが学校に入学するところからストーリーは始まります。しかし。一匹で船に近づいたため人間に捕らわれてしまいます!ニモを取り戻すために、ニモの父親であるマーリンと、友人ドリーが旅に出かける物語。

家族の絆と友人との信頼がテーマの感動ストーリーです。オーストラリアのグレートバリアリーフの海を舞台にした美しい景色と、海に住む生き物たちにも注目してください。

◆ファインディング・ドリー(2016年公開)

 

ドリーが自分の家族の夢を見たことをきっかけに、忘れていた家族を探すための冒険に出掛けるというストーリー。能天気で忘れっぽいドリーの活躍に注目してください。

コンピューターグラフィックスを得意とするピクサー・アニメーション・スタジオが製作している最新作なので映像がとても綺麗です。前作「ファインディング・ニモ」と同じく、海の中の描写に癒されること間違いなし。

◆モアナと伝説の海(日本公開予定:2017年3月10日)

南太平洋の伝説が残っている南の島で生まれ育った少女モアナが主人公。幼少期から「海に愛される」という特別な力を持ち、16歳になったモアナが世界をひとつに繋ぐ冒険の旅に出るというミュージカルファンタジー。

最新作ということもあり、3Dコンピューターアニメーションでかつてない美しい海を再現しています。日本での公開は3月を予定しているそうですが、夏に観たい作品の新定番となりそうですね!

どの作品も、海や暑い国がテーマになっています。美しい景色や明るいBGM、綺麗な歌声に注目してみてください。友情や家族愛がテーマになっていて、大人でも感動するようなストーリーばかり。2017年公開の「モアナと伝説の海」にも期待したいですね!