氷を入れても結露しない!  缶やペットボトル飲料の容量に合わせてチョイスを。サーモス「サーモス 真空断熱タンブラー」

写真拡大

好きなペースで気楽に飲めて、財布にもやさしい“家飲み”族が増えている。そんな人たちにとって、飲み頃温度を長く保ち、最後までおいしくお酒が飲めるタンブラーはマストアイテム。なかでも人気の「サーモス真空断熱タンブラー」は、家飲み需要の増加を受け、缶やペットボトル飲料を注ぐのに適した新容量に。そのほか、注ぐと温度が下がるものや、見た目もかわいいタイプなど、お好みのタンブラーでいいお酒を楽しんでみては?

【写真を見る】高保温、高保冷、なめらかな飲み口はそのままに、持ちやすい形に進化。象印マホービン「ステンレスタンブラー」

●サーモスの「サーモス 真空断熱タンブラー」 温度をキープし、氷を入れても結露しないステンレス製魔法びん構造のタンブラー。容量が増え、缶やペットボトル飲料なども注ぎやすく。340ml ¥3,500、420ml ¥4,000、600ml ¥4,500/サーモス

●象印マホービンの「ステンレスタンブラー」 高い保温・保冷力やなめらかな飲み口はそのままに、くびれを大きくし持ちやすい形状に。色もカッパー(赤銅色)とディープブルーに刷新。 300ml ¥ 2,000、450ml ¥ 2,300(ともに編集部調べ)/象印マホービン

●ドウシシャの「飲みごろ激冷タンブラー」 飲み物を入れた瞬間から温度が下がる。秘密は、温度を保つ真空断熱構造と凍らせて作る氷層。2016年 2月のリニューアルで、温度の下がる時間が短くなり、持ちやすく。 300ml ¥1,980(編集部調べ)/ドウシシャ

くつろぎタイムのお供に、お気に入りタンブラーを見つけよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】