リオ五輪で早速“謎プレー”! GKがバーにぶら下がってる間にゴール決まる

写真拡大

 4日、女子サッカーに続きついにリオデジャネイロ・オリンピックの男子サッカーが開幕した。

 大会初戦となったイラク対デンマーク戦に続いて行われたホンジュラスアルジェリア戦は3−2の打ち合いになったのだが、ホンジュラスの2点目がちょっと変わった形であった。

 ホンジュラスが1−0でリードして迎えた33分。CKの流れから、後方に残っていたホンジュラス選手がクロスを入れると、DFマルセロ・ペレイラがこれに頭で合わせてシュートを放った。

 ゴールまで距離があったこと、さらにはシュートの軌道が山なりであったこともありこのシュートは相手GKに防がれるかに思われたのだが……。

 アルジェリアGKファリド・シャールは、あろうことかクロスバーにぶら下がる謎プレー。ボールはバーに当たって下に落ちているのだが…。結局シャールがクロスバーを掴んでいる間にボールはゴールネットを割り、これが得点に。

 目測を誤るだけならまだしも、間近にボールがありながらバーにぶら下がり続けるなんて……。なかなか見られない珍プレーであった。

(記事提供:Qoly)