汗には気温が高い時に体温を下げる温熱性発汗と精神的な緊張にともない掌(てのひら)や足の裏などに大量に汗をかく精神性発汗の2種類あり、多汗症は主に精神性発汗に属する。

 多汗症は、生まれつきの体質だが人によっては掌の汗で書類が濡れる、大量の汗で足元に水たまりができるなど社会生活に支障をきたすこともあり、これが治療対象となる。

 原因は、交感神経の過敏な反応だ。脳の前頭前野(ぜんとうぜんや)という感情を司る場所に汗の神経回路の一部があり、交感神経の中枢から汗腺に汗を出す指令が伝えられる。多汗症は目や耳、皮膚などから入った情報に中枢が過敏に反応し、汗腺に汗を出す指令が出ることで起こる。NTT東日本関東病院ペインクリニック科の安部洋一郎部長に話を聞いた。

「昔は汗をかくことが当たり前で、誰も気にしませんでした。ところが快適なオフィスで働く人が圧倒的に多い現代では、汗と臭いに敏感です。多汗症は、環境の変化による社会的疾病ともいえます」

 多汗症は、汗がにじむ程度、常にべとべとしている、汗が滴る、といった3つに分類される。症状や日常生活への障害の程度で治療法を選択する。はじめは保存的治療として薬物療法と外用薬を実施する。胃潰瘍の治療薬が多汗症に用いられ、効果をあげている。20%塩化アルミニウムを皮膚に塗布する外用薬治療も発汗が減る。

 保険適用ではないが、掌や脇、足の裏に微弱の電気を通して一時的に発汗を止めるアメリカ製の治療器具ドライオニック治療もある。

 大量の汗で仕事や生活に支障をきたす場合は、手術という選択肢もある。背骨の両側を走っている交感神経を、胸腔鏡(きょうくうきょう)を使い、電気メスで遮断する。手術により掌の汗は止まるが代償性発汗といって、発汗がお腹の周りや臀部、太ももなどに移る副作用もある。人によっては、ズボンやスカートがはけないほどの汗が出ることもあり深刻だ。

「神経を遮断すると元に戻らないので、2004年から5ミリのチタン製クリップで神経を挟む手術も実施しています。治療後に代償性発汗が出た場合は、2週間以内に外せば100%神経が回復します。1年、2年と年月が経つにつれ、神経の回復が難しくなります」(安部部長)

 手術は全身麻酔で、通常は右側の脇の下を3〜4ミリ切開し、肺を傷つけないように胸内に二酸化炭素ガスを入れて肺を圧迫しながら小さくする。2つの穴から内視鏡とクリップを入れ、胸膜から交感神経を取り出し、クリップで挟む。左側も同様に行ない、手術時間は20〜45分程度だ。

 体幹部に起こる代償性発汗は、温熱性発汗に変化するため、どの程度発汗するかを確かめるために手術は夏場に行なう。多汗症に関して手術するかどうかは、その必要性と副作用に対する知識など総合的に考慮し、専門医と相談の上、決めることが重要だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年8月12日号