飛行機内の湿度は20%?!

写真拡大

海外旅行先で肌荒れなんて最悪!飛行機内でのスキンケアを見直して、潤ったお肌で素敵なバカンスを楽しんで♡

■ 飛行機内の湿度は20%?!お肌力低下要素が満載…

飛行機内は気圧が低く、湿度は20%という乾燥地帯!お肌だけじゃなく髪もパサパサに…。長期フライトだと10%以下になり、なんと砂漠以上に乾燥している超過酷な状況だった!

■ 潤いキープはスッピンから!CAさんも実践する飛行機内ケア

毎日飛行機に乗るCAさんや海外撮影も多いモデルさんは、飛行機内をどう切り抜けている?

◎濡らしたタオルでお手軽加湿◎

機内に配られるおしぼりや、手持ちのハンカチタオルを濡らして前にかけておくと簡単に加湿ができる♪カラカラになってもまた濡らせばOK!

◎お手入れがいつでもできる!スッピンが常識?

長期フライトなどで睡眠をとる場合はスッピンが最適。実は、睡眠タイムは薄暗くなるからスッピンでもあまり恥ずかしくない!

◎機内クレンジングは丁寧にふき取りを!

化粧を落とすタイミングは一回目の食事の後がおすすめ。拭き取りクレンジングをコットンにとり、全体のメイクを落とし、細かなところは綿棒でしっかりオフして。

◎基礎化粧品をジッパーに入れていつでもスキンケア

スッピンになったらその後はたっぷりスキンケア♪マスクをして寝る強者も。長くパックできるものをチョイスして。乾燥を防ぐためにシリコンマスクなどでカバーするのが◎。飛行機内は、ヘアスプレーやヘアカラーなどのスプレー式のヘアケア用品は、500mlまたは500gまで。化粧品類は、1人あたりの制限は2Lまたは2kg以下のものまで。100円均一などで、飛行機内持ち込みに対応している容器がたくさん売っているので、活用したり、あらかじめジッパーに入った、トライアルセットをコンビニで購入するのも手。

◎スキンケアはクリーム保湿がカギ

砂漠以下レベルの乾燥を防ぐにはたっぷりクリーム保湿を!ニベア缶などのコスパのよいクリームをたっぷり顔に塗ってお休みも◎ニベアのソフト版なら、柔らかくて顔に塗るのも楽ちん。

◎マスクやサングラスで乾燥をブロック!

スキンケアの後にはマスクやサングラスでカバー。大き目のマスクでスチーム効果もマスクにアロマを垂らせば心地よく眠れる。アロマはつけ過ぎて周りの人に迷惑をかけないよう、マナーにも気をつけて。

◎オイルでしっとり♪ヘアケアも忘れずに。

肌と同じように髪もほおっておくとパサパサに…。オイルorクリームでしっかり保湿して。1回使い切りのカプセルタイプを持っていけばかさばらずに便利◎

■ 機内の乾燥対策でむしろ美肌に♪

飛行機内でしっかりケアすれば旅行先でもちもち肌を楽しむことができる♡特別なものはいらないから、ぜひやってみて♪

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)