連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第18週「常子、ホットケーキを作る」第107話 8月5日(金)放送より。 
脚本:西田征史 演出:岡田健


ほんとうにホットケーキのようにすべてがまあるく収まってハッピーな107回。
鞠子(相楽樹)の書いた原稿どおりに水田(伊藤淳史)がホットケーキを作ってみることになった。だが、結果はさんざん。文章だけではなかなか伝わらないということで、100人いたら100人がおなじように作れるようにするために、花山(唐沢寿明)は写真を工程ごとに使うこれまでにない方法を考える。
「書いてあることの受け取り方が人によって違う」というのはレビューを書いていても痛烈に感じます。はい。

森田屋のお店で撮影が行われている間、照代(平岩紙)は小橋家を訪ね、君子(木村多江)に悩みを打ち明けていた。宗吉(ピエール瀧)は「キッチンモリタ」という洋食屋をやりたいが、照代はまだ仕出しの店に後ろ髪引かれる思いだった。
だが、ホットケーキの試作を元女給さんたちにやってもらって、背水の陣という気持ちで出した「あなたの暮し」6号を見て、宗吉の気持ちに変化が。
そもそも“美味いもの”を届けたかったから料理屋をやっているのだから、和食洋食なんでもござれの「キッチン森田屋」にしたいと提案する宗吉に、ようやく照代も賛成した。
そして6号は大好評。

鞠子は水田をおでん屋に呼ぶ。交際を迫ったことでふたりの関係は壊れてしまった、コレが最後の晩餐とやさぐれる水田に、申し出を受けると言う鞠子。
「どこまで悲観的な方なんですか」の言い方の穏やかさが和む相楽樹。
鞠子が出かけている小橋家では、君子がホットケーキを常子たちにごちそうになっていた。女4人結束が強かった小橋家にも少し変化が起りつつある気配が。でもそれもハッピーな変化が。

小橋家でもホットケーキ、花山家でもホットケーキを食べているところがシンメトリーでいい感じ。
でも、やっぱり常子と花山が恋愛関係じゃないところが不思議。恋愛じゃない男女の信頼関係の物語はとてもいいと思うけれど、花山の奥さんは嫉妬しないのかしら。そういうドロドロがいっさいないのが「とと姉ちゃん」の良さ。
(木俣冬)