4日、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」について、民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前米国務長官は「誰が作ったゲームかは知らないが、ずっと『作者には有権者が投票所に行くような仕掛けを作ってほしい』と思ってきた」と語った。

写真拡大

2016年8月4日、中国新聞網(電子版)によると、スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」について、民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前米国務長官は「誰が作ったゲームかは知らないが、ずっと『作者には有権者が投票所に行くような仕掛けを作ってほしい』と思ってきた」と語った。

【その他の写真】

クリントン陣営は、ポケモンGOの愛好者が街に出て歩きまわる現状に注目。ゲームの中でポケモンを捕まえるために使うアイテムが入手できる「ポケストップ」に指定されているオハイオ州の公園で集会を開き、「選挙にも関心を持ってほしい」と呼びかけていた。(翻訳・編集/大宮)