「私が医者になった頃は、“がん宣告”はおろか、余命宣告など、できようがありませんでした。肺がんの場合は『肺真菌症ですね。肺にカビが生える病気です』と言い、胃がんの場合は『胃潰瘍です』と言って手術するのが当たり前でした」
 とは、ある医療関係者。しかし時を経て、最近では“がん宣告”は当たり前。そのステージ(進行度)から治療法まで伝え、さらに目安となる“生存率”まで知らせるようになった。だが、「生存率、余命ほどアテにならないものはない」と言うのは、昭和大学病院呼吸器外科のベテラン医師。
 「理由は、末期でどうやっても助からない場合を除き、統計通りに人が死ぬわけがないからです。それでもやはり生存率は、患者にとって一番重要な指標であることに違いはありません。がんという病気の性質上、他の病気のような“完治”はありませんが、一応の目安とされますからね」

 そして、その生存率の中でも「5年生存率」が最も重要になるという。例えば、5年間再発も転移も見られず順調であれば、その先もほぼ病状に変化が見られず問題ないと考えているからだ。
 では、「5年生存率」とは、そもそも何を意味するのか。
 「がんと診断された人のうち、5年経過後に生存している人の割合が、日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらいになるかということです。ただし、中には再発せずに生存している人と、再発しても生存している人が含まれている。つまり“治療開始から5年後に再発していようがいまいが、生存している人の割合”を言います」(健康ライター)

 ここで、「なぜ1年生存率や3年生存率ではなく、『5年生存率』という期間が使われるのか」といった素朴な疑問が湧く。
 前出の呼吸器科の医師が再び説明する。
 「多くのがんでは、治療によりがんが消失してから5年経過後までに再発がない場合を“治癒”とみなしているからです。ちなみに、ここで言う再発とは、治療によって取り除いた後の検査で残ったがんが、再び見つかる大きさになることを言う。体内にがんがあっても小さすぎて見つからない、つまりがんが潜んでいる段階の場合は、再発とはいいません」

 治療で取り除くことができず残ったがんは成長が早く、多くは5年以内に検査で見つかる大きさになるという。
 「取り除いた場合は、ほぼすべて5年以内に発見され再発となり、それ以降は再発することはほとんどない。そのため5年という期間が使われているのです。こうしたことから、『5年生存率』は、治療により、がんが治る割合と言えることもできます。ただし、再発していても治療から5年後生きている人も含まれるので、その点は覚えておく必要があります」(同)