一部競技はすでに始まっているが、日本時間8月6日8時(現地時間5日20時)から南米大陸初開催となるリオ五輪の開幕式が行われ、いよいよ本格的にスタートとなった。
片山晋呉はどこにいる?日本選手団の入場シーン
 7万8000人収容のマラカナンスタジアムを舞台に、アカデミー賞にもノミネートされた「シティ・オブ・ゴッド」で知られるブラジルの映画監督フェルナンド・メイレリス氏の演出により、何とも幻想的かつ近未来的なシーンが次々に繰り広げられた。その後、ギリシャを皮切りに207の国と選手団が入場。赤のジャケット、白のパンツスタイルとなった日本の選手団は104番目に登場し、片山晋呉も笑顔で国旗を振っていた。
 現段階でゴルフ競技に出場する選手がどのぐらい開会式に参加したのかは不明だが、バングラデシュでは男子の部に出場するシディクール・ラーマンが、パラグアイでは女子の部に出場するフリエタ・グラナダが、それぞれ旗手の大役を務めた。112年ぶりに復活するゴルフ競技だが、その存在を開会式でアピールしただけに、あとは熱戦を期待するばかりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>