東京メトロ(東京都台東区)は2016年8月5日、霞ケ関駅に新型行先案内表示器を導入した。メトロ全線に順次導入され、2019年度までに全駅設置を目指す。

Jタウンネット編集部は、早速新しい案内表示器を見に霞ケ関駅へ行ってみた。丸ノ内線、千代田線、日比谷線の3路線が乗り入れる霞ケ関駅だが、新型が導入されているのは日比谷線のみ。


新しい案内表示器(写真はすべて2016年8月5日編集部撮影)

新しい案内表示器は、発色が鮮明で白い文字がくっきりと見える。現行のLEDから液晶ディスプレイに変更することで、視認性がアップした。表示デザインの自由度が高いため、列車の行先や発車時刻だけでなく、列車の現在位置や停車駅、運行情報などより多くの情報を表示することが可能となった。

新旧の案内表示器が夢の共演

それに比べ、現行タイプはレトロな雰囲気。見慣れたこの案内表示器もそのうち見られなくなると思うとちょっぴり寂しいが、新たに生まれ変わったのはまだほんのわずか。8月5日現在、新型タイプは日比谷線霞ケ関駅の中目黒方面行きの3番線ホームのみ。反対側4番線の北千住方面行きは現行タイプのままなので、新旧両方を楽しむことができる。


これまでの案内表示器

さらに、新しく生まれ変わる途中の「さなぎ」状態を見ることもでき、ひとつのホームで3種類の案内表示器を一度に味わえる。今しか見ることができない光景は、鉄道ファンでなくても一見の価値があるだろう。


調整中の案内表示器

東京メトロは「海外からのお客様にもわかりやすい駅づくり」に取り組んでおり、行先案内表示器のリニューアルもそのひとつ。表示言語はこれまでの日本語、英語に加え、中国語(簡体字)と韓国語にも対応する。


「海外からのお客様にもわかりやすい駅づくり」(『TOKYO METRO NEWS 2016年8月号』より)

新しい案内表示器は今年度中に日比谷線、千代田線、半蔵門線の各駅で導入が進められる。銀座線、丸ノ内線、東西線、有楽町線、南北線、副都心線は2019年度までに全駅への設置が完了する予定だ。