脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。
これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
5円硬貨には、なぜ「算用数字」がないのだろうか?

5円玉には
なぜ、算用数字がないのか?

 5円硬貨には穴があるのとないのとがあるが、「算用数字」が書いていないのがあるって、知っていましたか? 

 漢字で「五円」とあるので、漢字の読める人には5円のコインとわかります。

 1円、10円、100円、500円と硬貨と言えば、必ず「算用数字」が入っています。

 日本政府は、なぜこんなことをしたのでしょうか?

 農業、水産業、工業をイメージしてつくられたデザインの5円玉。農業のイメージとして、「稲穂(イネ)」が描かれています。

 また、裏面には、小さな「双葉」が描かれています。

 この双葉は、戦争が終わって新しく民主国家になった日本を表すようです。

 ところで、5円玉だけは算用数字の表記がなく、漢数字で「五円」と書かれているだけのため、漢字圏でない海外旅行者が困ることがあるようです。

 現在、穴の開いているコインを発行しているのは日本政府だけで、5円玉と50円玉がありますが、他の国にはありません。

 5円玉をつくる法律ができて、1948(昭和23)年に、穴のない黄銅性の5円玉がつくられましたが、翌年から穴あきに変更されました。

 この理由は、当時始まったインフレ対策のため、材料費を節約するためだったといいます。

 50円の穴なしニッケル貨は、1955(昭和30)年から発行されましたが、100円硬貨と区別するため、穴があけられたのです。

 その後、穴あき白銅貨が1959(昭和34)年から発行されています。

 これらのデータは、インターネットサイト「日本の硬貨に関するトリビア・雑学」を参考にしました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)