“葛飾北斎”仕様のアルファロメオ、日本への愛情に満ちた仕上がり。

写真拡大

イタリアの栄光ある自動車メーカー・アルファロメオ。その「アルファロメオ・4C」に、日本が生んだ世界的な芸術家・葛飾北斎のエッセンスを詰め込んだ特別な一台が話題を呼んでいる。

これは、ガレージ・イタリア・カスタム社が、車体を葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」モチーフで塗装したもの。車体だけでなく、内装も日本の革製品とデニム生地を使用しており、日本への愛情に満ちた仕上がりになっている。

その写真がSNSに掲載されると、多くの人たちから注目を集め、「なかなか面白い」「GTRに施した方がいい意匠ではないか」「高級車はこれくらい遊んだ方がいいよ」「自分はあまり好みじゃないかな」といった様々な意見が寄せられているようだ。