逆輸入? 海外セレブがハマる、日本の伝統“抹茶”を使った美容法

写真拡大

 みなさんは「抹茶」というとどんなイメージを持っているでしょうか。

 日本人ならやっぱり茶道、凛とした空気の中でいただく一服といったところでしょう。でも、最近はお菓子や飲料などにも抹茶がたくさん取り入れられて、身近なものになってきました。そんな抹茶ですが、実は、海外では女性の美容に役立つスーパーフードとしても注目を集めているのです。

 火が付いたきっかけは、米「People」誌が選ぶ“最も美しい人”で2013年に1位選ばれた人気女優のグウィネス・パルトロウや、今年絶対注目の人気モデル、カイリー・ジェンナーが取り入れているといった発言から。

「抹茶には高い抗酸化作用を持ったカテキンやビタミンCにB群、それにEなど、肌の老化作用を防ぎ、若々しく美しく保つ栄養素が豊富に含まれているんです。海外にセレブが着目したのは、その点ですね」

 こう教えてくれるのは、ダイエットに詳しい美容ライター。日本の伝統的な抹茶が、海外では美容目的で注目されているなんて想像もしていませんでした。

「先程言ったカテキンに加えて、一緒に含まれているカフェインには血行を良くして脂肪の代謝を助ける作用もあるんです。朝起きてから飲むと、頭をスッキリさせると同時に代謝を上げてくれます。また、軽い運動をする20〜30分前に飲めば、さらに代謝が良くなって、脂肪燃焼を促す効果によって、ダイエットが効果的にできることが期待できます」(前出・美容ライター)

 その効果は、一般的な茶葉から煎れて飲む緑茶の約10倍なのだとか。他にも亜鉛やマグネシウム、繊維にクロロフィルなどが含まれているので、リラックス作用やデトックス効果、解毒などに役立つことも期待できるそうです。

「海外の記事を読むと、他にも“肌のくすみが取れる”という理由で、抹茶を使ったクリームを作り、パックとして利用している人もいるそうです。肌の色がワントーン明るくなるという記述もありますよ」(前出・美容ライター)

 パック用のクリームを作るのに用意するのは、抹茶小さじ1杯程度にプレーンヨーグルト、それに小麦粉を少々。大さじ一杯程度のヨーグルトに抹茶を混ぜて、小麦粉で粘り気を調節。それを顔に直接塗って、5分ほど放置した後にぬるま湯で洗い流すだけだそうです。アレルギーがある人は注意が必要ですが、心配のない人は試してみる価値がありそうですね。

 直接飲んでも良し、お肌に塗っても良しの抹茶パワー。あなたも試してみませんか。