Photo by Thomas Leuthard

写真拡大

 二宮和也(33)による女性誌『MORE』(集英社:7月28日発売号)での連載企画『it(一途)』に、結婚に関しての現在の心境が綴られており、多くの波紋を呼んでいる。今回の記事に関する取材は、フリーアナウンサー・伊藤綾子(35)との熱愛報道が出る前の時期だったが、果たして何が語られているというのかーー。

 同企画のインタビュー後半部分には「『好きだから、寂しいから一緒にいたい』という考えは10代、20代の感覚だとして、『つきあうからには結婚しましょう、っていうのは理屈が通るし、合理的でいい(笑)』」「多くの30代が言う『つきあうなら結婚する』っていう考えは理解できるようになった」などと結婚の意思を感じさせるような言葉が綴られているのだ。

 熱愛報道の後にこれを読んだファンが過敏に反応してしまうのも無理もない。現在、ファンからは「どう理解したらいいの?」「30代になったから結婚もありえるよってことね」と悲痛な叫びが上がっている。

「二宮は、結婚願望については否定しているのですが、これでは結婚を前提に交際している人がいると捉えられても仕方ありません。もしかすると、二宮からの隠されたメッセージだった可能性もありますが、報道が出てしまった今となっては、それも裏目だったことになります」(芸能関係者)

 伊藤は、有料会員制ブログに、“隠れた交際アピール”を続けていたことが嵐ファンに詮索されて非難を浴びるているが、二宮も同様に陰で交際アピールを展開していたと受け取られても無理はない発言である。

■突然、急浮上した伊藤綾子の“妊娠説”

 一方で、相手の伊藤はというと「このたびはお騒がせしてすいません」と関係者に頭を下げていたというものの、レギュラー番組の『news every.』(日本テレビ系)には出演を続けている。仕事上の影響は今のところないようだが、二宮との“証拠”が続々アップされたと話題の有料会員制ブログは、いまだに閉鎖されたままだ。

 そんな中、ファンの間でにわかに浮上しているのが、伊藤の妊娠説だ。その根拠は、伊藤が同番組での出演時に「ウエストがキュッと締まったスカートをはいていたから」というものだった。

「伊藤は自分にかなり自信を持っているタイプで、肉食系で大物食いの意思が強いことで有名です。今回報道が出たことでかえって、二宮と結婚にこぎつけるために、“出来ちゃった婚”に持っていこうと考えていたとしても不思議ではない。ただし、今回ばかりはファンの妄想が先走りしていると言えるでしょう」(前出・関係者)

 果たして2人の交際は現在も続いているのか。国民的アイドルの熱愛騒動だけに過剰な憶測を呼ぶなど、注目度は一向に冷めない状況だ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。