夏のこの時期、コンビニなどに立ち寄ると様々な種類の花火がズラりと陳列されているのが目立つ。大人から子供まで楽しめる花火だが、店頭に並んでいる花火を購入するとき、何を基準に選べばよいのだろうか。そこで、玩具花火・おもちゃ・スポーツ商品を扱う総合商社であるオンダは、今回1000名に調査を行ない、「花火を選ぶ時の比較」プロの目から見た「花火の選び方」を紹介した。

プロの目から見た「花火の選び方」

■花火のプロが教える、良い花火の選び方

全国に住む男女1000名にインターネット調査を行なったところ、花火を選ぶ際に重視している事で最も多かった回答は、「本数の多さ・ボリューム感」が31.2%となった。次いで「価格」27.5%、「種類の豊富さ」26.5%となっている。つまり、購入する人は見た目の量や価格で花火を選んでいることがわかる。

この結果を受けて、オンダの取締役である恩田郷子氏は、「花火を選ぶ時は、どうしても見た目のボリュームや、本数の多さで選ぶ方が多いと思います。1000名調査でも『本数の多さ・ボリューム感』と『価格』を回答された方を合わせると6割近くもいらっしゃいました。

しかしボリュームや価格だけで花火を選ぶのではなく、『花火には色々な種類がある』『花火はこんなに幅広い』という事実を知って購入していただきたいと思っています。我々は花火メーカーとして、様々な声に耳を傾け、毎年改善を加えて、より花火を楽しんでいただけるように工夫、努力を重ねています。スーパーやコンビニ等で、ただ量や価格だけを見て購入するのではなく、『誰とどこで、どんな花火をやりたいか』を考えると、花火を選ぶ時にも楽しさが生まれると思います」とコメントしている。

プロの目から見た「花火の選び方」

■プロが教える花火を選ぶポイント3か条

ポイント1 花火は様々な種類がある!
花火を製造・販売しているメーカーは様々。それぞれのメーカーが試行錯誤を繰り返しなら花火を企画している。それぞれに特色があるので、まずは花火の種類を知ろう。

プロの目から見た「花火の選び方」

ポイント2 誰とやるかで花火を選ぶ!
花火メーカーは様々なシーンを想定して企画している。誰と花火をやるかによって、花火を選ぼう。

ポイント3 自分の好きな花火を見つける!
花火はスーパーやコンビニによって販売しているものは異なる。見た目はおなじように見えても、中身は違うものなのだ。ファッションや食べ物など、自分の好きなものを購入するように、花火もスーパーやコンビニで購入する際、見た目で選ばずに、自分がやりたいもの、過去にやって楽しかったものを選んでみよう。そうすると、花火を選ぶ時もちょっと楽しくなる。

プロの目から見た「花火の選び方」

文/編集部