スズキは、650ccV型2気筒(Vツイン)エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク新型『SV650ABS』を8月11日より発売する。価格は、73万8720円〜。

0419572_01

新型『SV650ABS』は、海外市場で好評を得た先代『SV650』の操縦性にさらに磨きをかけて、軽快なハンドリングと俊敏で力強いスロットルレスポンスを持ちながら、扱いやすさも兼ね備えたロードスポーツバイクだ。新型『SV650ABS』は、2015年11月にイタリア・ミラノショーでグローバルモデルとして発表し、2016年1月より海外に輸出を行なっており、このたび日本市場への投入が決定したものだ。

新型『SV650ABS』は、低回転域での鼓動感や、中回転域の力強い立ち上がりから高回転域までのスムーズな出力特性を特長とするVツインエンジンをスリムで軽量な車体に搭載し、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、高い操縦性を実現した。エンジン内には、スズキ二輪車で初めて、ピストンのスカート部にスズめっきと樹脂コートを施すことでフリクションを低減。また、発進時や低回転走行時においてエンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させた。

さらに、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。日常用途での利便性を高めた。また前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。ニュートラル時にはクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。

デザイン面では爛好螢燹シンプル瓩鬟灰鵐札廛箸縫好織ぅ螢鵐亜すっきりとしたボディラインを実現するとともに、幅広いユーザーに受け入れられる、飽きのこないデザインとした。車体色は、白「パールグレッシャーホワイト」、赤「パールミラレッド」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の3色を設定している。

0419572_02

0419572_03

製品情報

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/sv650al6/top

文/編集部