メロン以外にもあるよ / 生ハムに合わせると美味しい7つの食材【8月6日はハムの日】

写真拡大

8月6日はハムの日。私は生ハムが大好き。トマトとチーズに合わせたり、ときには奮発して生ハムメロンにして食べています。

特に生ハムメロンは、メロンの甘さやジューシーさに生ハムの塩気がマッチして、とってもおいしい! ただ、メロンは気軽に食べるには高すぎますし、もっといろんな味の組み合わせを楽しんでみたいものです。

そう思った私は、生ハムとマッチする食材をいろいろ試しました。今回は「ハムの日」にちなんで、私が発見した生ハムに合わせると美味しいオススメの食材を紹介します。

【生ハムと一緒に食べると美味しい食材7選】

1.水茄子+生ハム


水茄子を12等分のくし型にカットして、ちょっぴり塩を振ってから生ハムで巻きます。これが、本当に驚くほどおいしい! 

新鮮な野菜はなんでもおいしいけれど、新鮮な水茄子と生ハムとの相性は抜群。トゲが刺さるくらい新鮮な水茄子が手に入ったら、ぜひやってみていただきたいです。日本酒が飲みたくなりますよ。

2.桃+生ハム


夏が旬の桃。生ハムの塩気と、桃の香りやジューシーな甘みが相まって、めちゃくちゃおいしいです。生ハムメロンにも引けを取らない、絶品おつまみになります。

ちなみに桃の皮は、洗う時によく手でこすればむかなくてもOK。皮付きで食べるほうが甘いくらいです。けれども食感が多少悪くなるので、つるんとした食感を重視する方はむいてくださいね。ブラックペッパーやピンクペッパーを少々振ってもおいしいです。

3.梨+生ハム


しゃりしゃりとした梨も、生ハムと相性抜群! 梨を12等分程度のくし型切りにして、生ハムを巻きつけます。また、梨を薄く切って、生ハムと一緒にサラダに入れてもおいしいですよ。

4.イチジク+生ハム


イチジクも夏の果物。独特の食感と爽やかな香りが、生ハムの塩気と相性抜群。イチジクの皮は、薄い場合はむかなくてもOKです。

またイチジクは汁気が少ないので、生ハムとレタスともにパンに挟んでサンドイッチにしたら、おしゃれなランチが楽しめそう。

5.長芋+生ハム


皮をむき、拍子切りにした長芋を、しそを重ねた生ハムでくるり。塩気の効いた生ハムと淡白な長芋の味わいがいいですし、生ハムのしっとりした食感に、シャリっとした長芋の食感のコントラストが絶妙です。日本酒に合いそうな一品。

6.凍らせりんご+生ハム


以前、Pouch でも紹介した、皮付きのりんごを丸ごと凍らせてから解凍する「凍らせりんご」。これを8等分に切って生ハムで包みます。

やや歯ごたえの残るコンポート的なりんごの食感と生ハムが絶妙で、ワインが進みそうです。りんごの皮は、むいてもむかなくてもOK。長く冷凍すると皮が硬くなるので、この場合はむいてくださいね。

7.白米+生ハム


これはもう、お寿司みたいなもの。温かいご飯を生ハムで包みます。生ハムの脂がご飯の温かさでじわじわと溶けて、透明に。これを食べると、口の中でとろけるという……もう、至福! いくらでも食べられちゃう!

メロンだけでなく、ほかの果物や野菜、ご飯とも相性が良い生ハム。ブラックペッパーやピンクペッパーを散らしたり、ルッコラ等のハーブを添えたりすれば、見た目も楽しいオードブルになりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

調理・撮影・文=山川ほたる (c)Pouch

画像をもっと見る