仕事を探す際の求人情報に「人間は不可」と書かれるような時代を描く

写真拡大

三省堂は、『人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き』を2016年8月12日より発売する。

米Yale University Press刊行のHumans Need Not Apply: A Guide to Wealth and Work in the Age of Artificial Intelligenceの日本語版。原著は英「エコノミスト」誌にて2015年「ブック・オブ・ザ・イヤー(サイエンス・テクノロジー部門)」に選出された。

本書は、人工知能技術の進歩に伴い、仕事を探す際の求人情報に「人間は不可」と書かれるような時代が必ずやってくると警告している。

また、その時に備え、人類が実行するべき方法を提示している。著者のジェリー・カプラン氏は、AI研究に草創期から関わっており、IT起業家としての視点から未来への視座が示される。

日本語版解説は、東京大学大学院・特任准教授の松尾豊氏が執筆。松尾氏は解説の中で、「人工知能を使った新しいビジネスを考えている企業の方、研究者、起業家、そして政府や自治体の方は、必読である。」と評している。

定価は、2,500円(税抜)。