男女間の暴力に関する調査で16%の男性が女性から被害経験があると答えている

写真拡大

「どうせ悪いのは男の方だろう」

 DVは得てして「加害者は男、被害者は女」という枕詞がつきます。そもそも身体の作りが違うのだから当然といえば当然。暴力を振るうのは力の強い男、暴力を振るわれるのは力の弱い女……今までは、そんなふうに最初から決め付ける傾向があったのですが、本当にそうなのでしょうか?

 男女間における暴力に関する調査(平成26年、内閣府)によると配偶者からの被害経験について「あり」と答えたのは女性の場合、全体の23.7%でした。一方で男性の場合も全体の16.6%は「あり」と答えており、決して無視できない数字です。

 昨年、政府が「一億総活躍社会」を打ち出し、例えば、女性管理職、女性議員、男性の育児休暇取得率の数値目標を定めました。社会的弱者である女性の地位や権利、そして立場の「爆上げ」が進行中です。この環境下では、DV加害者の女性、そして被害者の男性が増えるのは自明の理でしょう。

「女の涙で無罪放免。何をしても最後は許してもらえる」「優先順位は彼より私。自分さえ良ければそれでいい」「嘘も方便。見抜けない方が悪いし、バレなければ何をしてもいい」という偏った考え方をもとに、やりたい放題をやっている女性が世の中に存在するのも事実です。

「愛する人から暴力を振るわれ、取り返しのつかない傷を負う」

 このように一歩間違えれば、DVの被害者になり得るのは女性だけでなく、男性も同じ。今回紹介する佐々木誠さん(36歳)もその1人です。誠さんが私の事務所へ相談しに来たのは、お盆に入る直前のタイミングで、日中の気温は35度に達する勢いでしたが、誠さんが口を開けば開くほど、体感の気温はどんどん下がっていったのです。なぜなら、背筋の凍りつくような「怖い女」に誠さんは悩まされていたからです。

「僕には同棲中の彼女がいるのですが、もう明日にでも彼女に殺されそうです」

 彼女に殺される……なんて縁起でもありません。誠さんの身に何が起こったのでしょうか?

「この前は彼女が台所から文化包丁を持ち出し、僕に襲い掛かってきて……。まさかこんなことになるなんて夢にも思いませんでした」

交際から半年
結婚を前提に同棲を開始

 誠さんは話し始めると、すぐに両耳が赤くなり、手は小刻みに震えて、ところどころ声が裏返っていたのを覚えています。さらに誠さんの右腕には、よく見ると切り傷のかさぶたがついていました。それは1ヵ所、2ヵ所ではありません。誠さんいわく、彼女から包丁を取り上げるとき、切りつけられ、そのときに出来た傷だそうです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)