C・ノーラン監督の新作予告編公開! キャストにはまさかのハリー・スタイルズ

写真拡大

クリストファー・ノーラン監督が手がける最新作『Dunkirk』の最初の予告編が公開された。第二次世界大戦中の実話を基にした作品だ。キャストにはなんと、ワンダイレクションのハリー・スタイルズの名前が含まれている。

クリストファー・ノーラン監督による第二次世界大戦を描いた映画『Dunkirk』の最初のティザーは長くないが、頭のなかには何時間も残ることだろう。

「C・ノーラン監督の新作予告編公開! キャストにはまさかのハリー・スタイルズ」の写真・リンク付きの記事はこちら

1分足らずの映像のなかで見ることができるのは、砂浜の上を海に向かって歩く長蛇の人々の列に、砂嵐に埋もれつつあるカヴァーがかけられた死体。そして、最も劇的なのは連合軍の兵士たちのシーン。彼らは海の上で身を寄せ合い、空を見上げるとその目は大きく見開かれ、騒音が大きくなると身を隠す。

「切迫した状況にあるとき、全滅する状況にあるとき、生き残ることは勝利だ」という文字が流れ、ティザーは終わる。適度に謎めいて、豪華な見栄えがする。うん、まさにノーランの作品だ!

『Dunkirk』はノーランが脚本を書いたものでもあり、2014年の『インターステラー』以来の作品となる。トム・ハーディーやキリアン・マーフィーといった、これまでのノーラン作品に登場した俳優たちが再出演するほか、オスカー受賞俳優のマーク・ライランス、そしてワンダイレクションのハリー・スタイルズも起用している。

『Dunkirk』は、30万人以上の兵士が8日間で救出された、1940年の忌まわしき「ダンケルク大撤退」を題材にしている。『Dunkirk』はとくに…ちょっと待って、ハリー・スタイルズがこの映画に出ているって? どこに?! 3列目にいる男だろうか? それとも9列目の1人だろうか? ハリー・スタイルズはボートの上か? 彼はわたしに見えるのか? 彼にはわたしが見えるか? 「キミはわかっていないのさ/自分がどんなに美しいのか全然わかってないのさ」…。

いずれにせよ、『Dunkirk』は素晴らしい映画のようだ。公開は2017年7月19日。

RELATED