[ちちんぷいぷい‐毎日放送]2016年7月28日放送の「昔の人は偉かった」のコーナーで、京都市下京区堀川通沿いにある庭が紹介されていました。

ガラス板にくり抜かれた丸窓から見える庭には、鯉が泳ぎ、和の雰囲気たっぷりのつくばいや現代アートのオブジェなどが配置され、おしゃれな空間が広がっています。

遊び心あふれる袈裟卸会社がプロデュース


株式会社井筒 公式ホームページより

実はここ、庭の横にある株式会社井筒の自社ビルの庭。元々は駐車場でしたが、人通りが多い歩道を車が進入するのは危ないと、井筒社長が駐車場を買い取り、趣味の美術品などをおいて庭にしました。

株式会社井筒は袈裟や法具を寺などに卸している会社。なんだか堅いイメージですが、社長室にブランコやワインセラーがあったり、たくさんの美術書を所蔵していたりと、社長は遊び心が満載。

井筒社長だからこそ、どこにでもある駐車場をアートな庭に変えることができたのですね。庭の前の歩道にはベンチも置かれ、通行人の休憩にもってこいのスペースになっています。西本願寺にお参りの際には、ぜひアートな庭もご覧ください。(ライター:青空繭子)