今も品薄状態が続くサーティワンのコンビニ向けアイス

写真拡大

 暑い夏に無性に食べたくなるアイスクリーム。その市場規模はいまなお伸び続けている。一般社団法人「日本アイスクリーム協会」によると、アイスクリーム類及び氷菓の販売金額は4369億円(2014年度)で3年連続の増加、10年前と比べても2割以上増えている。

 アイス市場拡大の牽引役となっているのは、街中の“アイス屋さん”ではなくコンビニエンスストアだ。

 同協会が毎年発表している『アイスクリーム白書(2015)』でも、購入場所はコンビニが52.3%とスーパーマーケットに次いで多かったのに対し、アイスクリーム専門店はわずか9.2%という結果が出ている。

 コンビニでのアイス需要が伸びている要因は何か。コンビニ業界の専門紙『コンビニエンスストア速報』編集長の清水俊照氏が分析する。

「昔のコンビニは、アイスを売るケースも小さく商品数も少なかったのですが、いまは大手チェーンを中心に、往年のロングセラーブランドから、1個200円を超えるプレミアムアイス、コンビニ独自のPB(自主企画)アイスまで様々な商品が、扉のない大きなケースで年間を通じて発売されています。

 そのため、アイスは夏のデザートというイメージが完全に崩れ、冬でも“食後のスイーツ”として定番化しつつあるのです。購入層も従来の若者中心から、近年はシニア層まで幅広くなりました」

 いまやアイスはコンビニの売り上げ貢献に欠かせない年間商品というわけだ。それを如実に表すデータもある。清水氏が続ける。

「プレミアムアイスを製造する某大手メーカーの発表では、春夏と秋冬で分けたアイスの売り上げ比率は『61:39』で、ここ数年、秋冬の伸びが凄まじいといいます。また、平均単価も春夏より秋冬のほうが10円高いため、各メーカーは夏に売れるアイスよりも、むしろ品質を高めて寒い時期に食べてもらうスイーツ感覚の商品開発に力を入れているといいます」

 そんな状況下で、ますますシェアを奪われているのがアイス専門店だ。

 全国に1100店以上を展開する最大手の「B−Rサーティワンアイスクリーム」は昨年、上場以来初となる赤字に転落した。直近の2016年1〜6月期の決算も、季節的な要因はあるものの8900万円の最終赤字に沈んだ。同社の幹部も「コンビニに需要を食われている」と敗因を認めている。

 そこで、サーティワンが取った打開策が、ライバルのコンビニと手を結ぶことだった。店舗で人気の高い5種類(ポッピングシャワー、ベリーベリーストロベリーなど)をカップアイスにして商品化(税込み各294円)。7月よりデイリーヤマザキにて販売を開始したところ、大きな話題を呼び品薄状態が続いている。

 ネット上でも〈どこのデイリーヤマザキにも売っていない〉〈デイリーヤマザキを探し回るより店舗で食べたほうが早い〉といった声が相次いだ。

 すでに、アイス専門店とコンビニのコラボは珍しくない。冷えた御影石の上でアイスや果物、ナッツなどを混ぜた商品を作ることで有名な「コールド・ストーン・クリーマリー」。同店が売れ筋商品を棒状のアイスキャンディにして、昨年夏より百貨店やショッピングモール、シネコン、そしてコンビニ(セブンイレブン)専用商品を売り出したところ大ヒット。3億円以上を売り上げた。

「アイス専門店はどれだけチェーンを広げてもコンビニの5万店に敵うわけがない。それならば店の知名度や商品力を活かして、パッケージ化したアイスを小売りに流したほうが、年間の売り上げを安定させることもできる」(経済誌記者)

 だが、コンビニの冷凍ケースの中でも激しい戦いは待っている。

 プレミアムアイスのジャンルでは、絶大な支持を得る「ハーゲンダッツ」を筆頭に競合も多いからだ。ちなみに、ハーゲンダッツの売上高は481億円に達し、巨大ブランドの座は揺るぎない。この牙城に新規参入組のコールドストーンやサーティワンが太刀打ちするのは容易ではないはずだ。

「やはり、勝負は夏の暑い時期ではなく、秋冬でしょうね。この時期に新フレーバーを増やして売り上げを維持できるかどうかにかかっていると思います」(前出・清水氏)

 夏のコンビニアイス戦争は、冬の本戦に備えるための“予選”といえそうだ。