加速する価格破壊! 最新版「LCC活用術」

写真拡大

日本国内にLCC(格安航空会社)が就航してから4年が過ぎ、新たな局面を迎えている。今年5月には8社(※)のLCCが新たな航空連合「バリューアライアンス」を設立した。シンガポールのLCCであるスクートやタイガーエア、タイのノックエア、そして日本からもANAホールディングスが100%出資するバニラエアが名を連ねている。

連携の大きな目的は、会社間を超えた乗り継ぎチケットをワンストップで購入できるようにすること。これにより、フライトが遅延した場合でも無償で次の便が保証されるようになった。また、自社だけで拡大できないエリアへ向かう利用者の取り込みも可能とすることで利用者増加を目指す。フランチャイズ形式でネットワークを拡大しているエアアジアグループやジェットスターグループへの対抗する手段でもある。

例えば、成田〜香港間はバニラエアで片道1万1000円程度、香港〜シンガポール間はスクートで片道9000円程度(共にセール時以外の最安値)。片道2万円(空港税などの諸経費込み)でシンガポールに向かう途中に香港で美味しい飲茶を堪能できる。大手航空会社の直行便と比べても往復で1万〜2万円程度安く、繁忙期ならさらに価格の差は拡大する。何より、今までLCCで成田からシンガポールへ向かう場合は、スクートで成田から台北を経由してシンガポールに向かう便しかなったが、バリューアライアンスの設立により選択肢が大幅に広がることになる。

LCCが就航してから新たに生まれたマーケットが日帰り需要。韓国、台湾、香港などはセール運賃で片道1万円以下になる。東京〜名古屋間の新幹線往復(のぞみ指定席利用・2万2180円)よりも安く海外へ行ける時代になった。

バリューアライアンス以外でも、格安便が増加している。

なかでも、安さが際立つのはピーチが販売する「弾丸スペシャル」運賃。羽田〜台北・ソウル、関西〜ソウルの3路線で設定している日帰り運賃で、羽田〜台北線では往復7000円から航空券がある。空港税などの諸経費を含めても往復1万2000円程度。早朝出発・深夜帰国(羽田5:55発・台北8:25着、台北20:45発・羽田深夜1:00着)で現地での滞在時間は約半日となるが、この金額なら日帰り海外旅行でも惜しくない。

安いセール運賃などの情報は各航空会社が発信するメールマガジンに加えて、ツイッター、フェイスブックでチェックできる。最近ではLINEを使ってセール情報を配信するLCCも出てきている。いずれにしろ、お得なセール運賃は発売直後に売り切れてしまうこともあるので、あらかじめ行き先を定めるなどして、セールが始まったらすぐに購入の決断ができるようにしておきたい。

LCCがこれだけ日本マーケットにも浸透してきた背景にはインバウンド(訪日旅行客)の存在が大きい。国内のLCCでも国際線では日本人よりも外国人の比率が高い便が目立つ。年間の訪日旅行者数が2000万人を超える中、海外系LCCも成田や関西だけでなく、札幌や福岡、沖縄、さらに国内地方都市へも続々と就航している。国内LCCは現在4社あるが、新生エアアジア・ジャパンが年内にも名古屋の中部国際空港を拠点に運航を開始する予定で、国内だけでも5社、そして海外のLCCを含めた更なる競争が激化する。

※加盟航空会社は、セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア、バニラエアの8社。

(航空・旅行アナリスト 鳥海高太朗)