夏はアペロをもっと楽しむ。翌朝に顔がむくまないお酒の飲みかた

写真拡大

アペロが気持ちいい季節。

でもついつい飲み過ぎてしまった翌日、後悔するのが顔のむくみ。

そこで、顔のむくみを軽減させる、お酒を飲むときのポイントをご紹介します。

濃い味の食べ物を控える

お酒を飲んでいると、ついつい食べたくなってしまう揚げ物やおつまみ。しかし、このような味の濃い食べ物に含まれている塩分は、体内の水分をためこんでしまう性質があるため、むくみの大きな原因になります。

翌朝の顔のむくみを気にするのであれば、味の濃い食べ物は控えるようにしましょう。

お酒と合わせてお茶を飲む

むくみの原因となる水分は、その日のうちに排出しておかなければいけません。飲み会中から、お酒とあわせてお茶をこまめに飲んでおくようにしましょう。また、カフェインには利尿作用を促すだけでなく、むくみを解消してくれる効能があります。

それでもむくんでしまったら...

手首の親指側から4〜5cmの位置にある列缺(れつけつ)と呼ばれる部分を押す、または、温めることで、顔のむくみをすっきりさせることができます。

これからは思う存分お酒を楽しめそうです。

※この記事は2014年7月に公開された記事を再編集しています。

image via Shutterstock