彼も惚れ直す…!「ボブ」が華やぐ休日のヘアアレンジ

写真拡大 (全8枚)

一日中気温が高いこの季節は、巻き髪でふんわりさせるべきか、アップでスッキリさせるべきか、どんなヘアスタイルがいいんだろうと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

ヘアアレンジをしていつもとは違うイメージになってみたいけど、スタイリングする方法が分からない、やってみても上手くいかなかった……という方も少なくないでしょう。

そこで今回は、美容師である筆者が一歩先のボブのアレンジスタイルをご紹介します。ぜひ休日に試して、いつもと違う雰囲気で彼や友達に「おっ……!」と言われてくださいね。

■カレも惚れ直す!ボブのアレンジスタイルの作り方

今回アレンジを行うボブは、この写真くらいのベースの長さです。

まずは全体をストレートアイロンかコテなどでウェーブやカールなどをつけて柔らかく動くようにします。

この仕込みがスタイルを柔らかく仕上げるのに、とても大事です。

ポイントは一気に全てをしようとせずに、ひとつずつの工程を丁寧に行うこと。

(1)まず、耳後ろで髪を前後に分けます。

(2)次に、後ろの髪を、さらに上下で分けます。

(3)そして、後ろの髪の下の部分を3つに分けて、それぞれを三つ編みにし、編んだところをやや崩しておきます。

(4)その三つ編みした3本を、下の方でくるくるっと収まるようにピンで留めます。

(5)上の部分はそのままに、横に残しておいた髪をねじりながら後ろへ持っていき、ピンで留め、逆側も同様に留めます。

(6)上の髪もややねじりながら、ふんわりするように後ろに持っていき、ピンで留めます。

(7)少しずつ途中をひっぱり出しながらバランスを整え、ラフに仕上げていきながらカチューシャなどのアクセサリーを付ければ完成!

ラフな仕上げで、大人のアレンジスタイルの出来上がりです。

いかがでしたか? 難しく考えずにチャレンジすることが上達への近道。ぜひ試してみてくださいね!

【筆者略歴】

板橋充・・・美容師。SENDAI中央理容美容専門学校を卒業後、都内1店舗を経てCLASICO入社。現在、サロン代表兼ディレクターを務める。様々な講習活動やアーティストやモデルなどのヘアメイクも数多く手掛け、一般誌・業界誌・WEBへのヘアスタイル記載も多数。ブログやインスタグラムなどでも情報を発信しており、多方面で活躍中。メインのサロンワークでは、5秒でするべき髪型がわかるという独自のカット理論には定評があり、ファンも多い。

【画像】

※ Sofi photo / Shutterstock