年間来訪者数2000万人以上を誇る横浜中華街

写真拡大

横浜中華街で、無料Wi-Fiがスタートする。

【写真を見る】横浜中華街で無料Wi-Fiがスタート

REVSONIC株式会社は、横浜中華街発展会協同組合、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社、東日本電信電話株式会社神奈川事業部と協力し、「YOKOHAMA CHINATOWN Wi-Fi」を8月5日(金)から提供することを発表。

年間来訪者数2000万人以上を誇る横浜中華街だが、Wi-Fiはこれまで各店舗による設置にとどまっていた。通信環境によってWi-Fiサービスが使いにくく、接続可能箇所に利用者が溜まることで、通行の妨げになるなどの問題も発生していた。

今回の無料Wi-Fiは、横浜中華街公認。接続時間は60分/回だが、再接続すれば複数回利用可能となる。また、横浜中華街では初となる屋外の無料Wi-Fiのため、中華街大通り全体での利用が可能になり、来訪者もより便利に街の散策を楽しめることが見込まれる。

横浜中華街は、日本屈指のグルメスポット。心置きなくWi-Fiを利用して様々な情報を手に入れることで、観光の楽しみがさらに広がりそうだ。【ウォーカープラス編集部/コタニ】