■連載/オンナは男のココが気になる!

大人あせも?ニキビ?とは限りません!

暑くて蒸し蒸し。この季節は、体のあちこちに、正体不明のブツブツが出て来がち。しかも、それらが何なのかは医師でないと判断がつきにくいし、間違った対策がかえって症状を悪化させてしまうことも。今回は、この時期に特に多く見かけるブツブツの例をご紹介しましょう。

•あせも

シャツの襟にふれる首回り、ベルトで締め付けられがちなお腹まわり、下着に覆われるお尻や足の付け根などに多く見られます。また、首などのシワに日焼け止めがたまって、筋状にあせもになることも。白っぽいあせもは水晶性汗疹(すいしょうせいかんしん)、赤っぽいあせもは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれ、後者はかゆみを伴います。

あせもは、大量の汗が汗腺、汗管につまってできるもの。赤ちゃんにあせもができやすいのも、大人よりも汗腺の密度が濃いからなんです。だから対策としては、非常にシンプルですが、かいた汗は放置せずに、清潔なハンカチやタオルですぐにふきとること、そして汗をかく量を抑えるために空調や服装で調整すること。この時期は、吸湿性のよい綿や通気性のよい麻などがおすすめです。ドライ感をうたっている繊維の中には、表面のタッチはサラサラでも、肌と接する内側に湿気がこもるものもありますので要注意です。

そして、汗をかいた後はきちんとシャワーで洗い流しましょう。この時、ゴシゴシとこすり過ぎないこともポイントです。過剰な皮脂は、毛穴をふさぐのでもちろんあせもの原因になるのですが、皮脂があまりにも少なくバリア機能が低いと、かえってあせもができやすくなってしまうのです。やわらかいタオルまたは素手で、やさしく洗い流すようにしてください。熱すぎる湯温もかゆみを助長し、掻きこわしの原因人なるので、ややぬるめの温度を心がけましょう。

•ニキビ

顔だけでなく、背中などボディにもできやすいニキビ。皮脂が皮脂腺がつまり炎症を起こし、進行すると赤みや時には腫れも伴います。

脂性肌の方がなりやすいというイメージがあるかもしれませんが、実は乾燥肌の方にも多く見られます。肌は乾燥するとそれを補おうと皮脂を分泌するため、もともとカサツキがちな方や、ゴシゴシと皮脂を取りすぎている方はニキビができやすいのです。

アクネ菌が原因なので、皮膚科においてはこのアクネ菌を殺菌する治療を行ないます。市販薬のニキビ治療薬を使われる方もいらっしゃるのですが、実はこれには注意が必要で、かえって症状を悪化させているケースも見られます。なぜなら、ニキビと下記に述べる「マラセチア毛包炎」は、医師でも肉眼ではなかなか識別できないほど似ており、しかも治療法がまったく異なるからです。

•マラセチア毛包炎

胸などによく見かけるザラザラ・ブツブツに「マラセチア毛包炎」があります。見た目は小さなニキビと似ていますが、原因はアクネ菌ではなく、「マラセチア」というカビ。蒸れた状態や汗・皮脂で汚れた状態が続くと、もともと皮膚に常在するマラセチア(カビ)が皮脂を栄養として繁殖し、ブツブツの肌荒れ状態を引き起こすのです。

アクネ菌とカビでは、治療に使う薬の成分はまったく異なるので、自己診断で薬を買って、ニキビにカビの薬をつけたり、カビが原因の毛包炎にアクネ菌を殺菌する薬をつけたりと、まったく無意味な対策になっていることがあるのです。ただ無駄になるだけではなく、無意味な薬で毛穴をふさいでかえって症状を悪化させていることもあるので、ザラザラ・ブツブツが気になる時には、皮膚科医の診断を受けましょう。顕微鏡でチェックすれば、どちらの症状かが判別できます。また、ニキビやあせもを、マラセチア等のカビが悪化させているWなケースもありますので、状態にあった効果的な治療のために、自己判断はかえって危険、と思っていただいた方がよいです。

男性は、「こんなちょっとのことで皮膚科に行くのは恥ずかしい」という心理がどうやらあるようなんですよね・・。そんなこと、ないですよ。肌をきれいに保つためにちゃんと管理できる男性は、素敵です。

文/今泉明子

医学博士・皮膚科専門医。東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長。しわの注入治療では認定指導医を務めるなど、肌のスペシャリストとして活躍。美容を中心に手掛ける皮膚科でありながら、患者の40%が男性という、美肌男子のかけこみドクター。