これが未来か!

写真拡大

カナダを拠点とするAR Designsが、ワイヤレス充電器を公開しました。しかしワイヤレス充電器といえど、この充電器の特筆すべき点はスマートフォンを宙に浮いた状態で充電できるということです。洗練されたクールなデザインの充電器であるうえ、浮遊しながら充電されているスマホの姿はどことなくシュール。そんな近未来的な充電器を紹介します。

■ 「宙に浮きながら充電」のミソは電磁石にあった!

この充電器の名称は「OvRcharge」。「OvRcharge」では、スマホが充電器の上を浮遊し回転しながら充電されていきます。そしてフル充電の状態になってもなおスマホは浮遊と回転を続けるのです。とはいえ、フル充電になったら充電器に着地する……という仕組みにはなっていないところが少し残念ですが、それにしてもこの充電器はスゴい!

しかし、いったいどのような仕組みでスマホを宙に浮かせて充電できるのでしょうか? 実はその秘訣は電磁石にあります。磁石が重力にさからって物を持ち上げる力を利用してこの充電器は作られたのだそうです。

■ 磁石製のケースをスマホにつけて充電

スマホを宙に浮かせて充電するとは、なんて空想めいたことでしょうか! それが「OvRcharge」で実現してしまうのですから「技術もここまで進んだのか!」と度肝を抜かされてしまいます。しかし「OvRcharge」でスマホを充電するためには、ちょっとした準備が必要。それは「OvRcharge」に特化したスマホケースです。なにせ電磁石の力を駆使して作られた充電器ですから、スマホケースも電磁石を用いたものを使用しなければなりません。つまり、「OvRcharge」オリジナルのスマホケースをつけて充電しないと、スマホが「OvRcharge」の上で浮きながら充電することができなくなってしまうのです。

そのスマホケースは磁石を用いた非常にうすいケースになっています。このスマホケースを装着することで「OvRcharge」の上にスマホを浮かせて充電できるのです。さらに、この充電器はiPhoneにもAndroidにも対応。嬉しい限り。

■ インテリアのようなシックなデザイン

充電器の表面から木目を確認できます。木製の充電器なのでしょうか? これが充電器であることが一目見るだけではわからないほど、リッチな仕上がりになっています。また、台の上に置いて充電させるのもよいかもしれません。家の雰囲気にとけ合うインテリアのような充電器になりそうですね。

(image by Kickstarter)
(著:nanapiユーザー・mekds 編集:nanapi編集部)