5日、韓国メディアによると、韓国で同日、食用犬の農場主らが「犬食反対」をテーマに開かれた国際カンファレンスに抗議し、会場に侵入しようとする騒動が起きた。この報道に、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年8月5日、韓国・フォーカスニュースによると、韓国で同日、食用犬の農場主らが「犬食反対」をテーマに開かれた国際カンファレンスに抗議し、会場に侵入しようとする騒動が起きた。

同日午前10時、ソウル市内で「犬食終息のためのカンファレンス」が開かれた。動物保護団体「KARA」は、「慢性的な動物虐待の温床、犬食」「犬食産業への国内外の対応活動」「犬食産業終息に向けた代案模索」の3つの内容をテーマにカンファレンスを主催。会場には約300人の聴衆と報道陣が集まった。

しかし、カンファレンスが始まる前、会場に大韓肉犬協会の会員である食用犬の農場主ら30人余りが押しかけ、「私たちもカンファレンスに参加する」と抗議し、騒ぎ立てた。農場主らは「犬肉は韓国の伝統食品」などと書かれたプラカードを掲げ、「動物保護団体のせいで食用肉の価格が50%以上下落した。このようなイベントが私たちの命を脅かしている」と主張した。

この報道に、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。

「屠殺方法の問題の方が深刻ではないか?」
「そこまでして犬を食べたいの?」
「昔は食べる物がなかったから仕方なく食べていたけど、今の時代に家畜でもない犬を残忍な方法で殺してまで食べる必要がある?」

「最近は犬肉を販売する店がどんどん減っている。人々の認識が正常になったということだ。こんな状況で食用犬農場を続けてもうまくいくはずがない」
「農場主らの顔を絶対に忘れない。来世では必ず犬に生まれてほしい」

「犬肉を食べるか食べないかは個人の自由。禁止することも食べろと強要することも間違っている」
「犬肉が体にいいということは事実。医者も手術を受ける患者に犬肉を勧めている。いっそ合法化して、屠殺から流通までしっかりと管理しよう」
「犬食の合法化は動物虐待の予防につながる。禁止するから非人道的な屠殺が行われる。動物保護団体は反省するべき」

「ペットを息子や娘と呼ぶ人の方が理解できない」
「犬肉を食べることには賛成。ただ、合法化すると国際社会から非難を浴び、多大な悪影響を受けることになる。犬肉を売る食堂はたくさんあるのだから、食べたければこっそり食べればいい」(翻訳・編集/堂本)